フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「どうしてこうなった」の記事

2013年4月 9日 (火)

アメリカに行ってきました③

というワケでこのブログとしては前代未聞とも言える三日連続更新です。

別に仕事がすごく暇というワケでもないのですが(死ぬほど忙しいというワケでもないにせよ)、こうしてネタを連発したくなるあたり、やっぱり自分はアメリカ好きなんだなあと改めて思ってみたり。

そんなことはさておき、前回は「美味しいアメリカ」について書きましたが、今回は「どうしてこうなったアメリカ」です。まずはこの写真からご覧ください

Photo

携帯電話はサイズ比較用です…っておかしいだろこのサイズ!前回のチリチーズドッグについてきたドリンク(Lサイズ)のコップだけれど!!!!!

ちなみにドリンクは複数選択肢があります。どんな選択肢があるかと言うと…

・コーラ
・ダイエットコーク
・コカコーラゼロ
・ドクターペッパー
・セブンアップ
・ファンタ
・ペプシ

炭酸ばっかだよ!!
しかもおか
わり自由だし!!

とりあえず茶ぁ持ってこい茶ぁ!できればシュガーレスDE!!!
てかまずさ…砂糖の入ってない飲み物の選択肢増やそうよと

…ちなみにアメリカ人はダイエットコークが大好きです。まるでダイエットコークという名前にある種の免罪符を感じているようです。言わせてもらうと、それは間違いです

自分は煙草吸いませんが、マイルドセブンをマイルドなんて名前が誤解を招いてけしからんとか言うのなら、ダイエットコークこそ規制すべき名前なんじゃないかと思うんですが。

それはさておき次の写真

Photo_2

スーパーで売っていたアイスクリームです。扉は業務用冷蔵庫です。ご家庭にあるドアと写真の扉は大体同じと考えていただいて差し支えありません。それに対して4つしか横に並べられないサイズなのに、お値段だったの5.5ドルです。…そりゃまあ、恰幅のいい方が多くなるワケですよね…

ちなみに同じスーパーでホールのチキン(調理済み)は9ドルしませんでした。昨日紹介したハンバーガーより安いです。基本、家で食べる物は嘘みたいに安いです。

そして次はこの写真

Photo_3

アメリカ名物、カラフルなケーキです。なんでメリケンさん、こういう色合いをお菓子に求めるんですかねえ…

ちなみにコーンフレークもこんなにカラフルです

このコーンフレーク、ホテルの朝食であったので食べてみました。幼少時代は「こんなに美味い食い物があるものか」と感動すら覚えていた一品だったのですが(反語)

あ、別にこういうお菓子ばかりじゃないですよ?会社のお土産に買ってったチョコレート、ものすごく好評でしたし。

次回は少し、キレイにまとめたいなと思います