フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「アメリカ」の記事

2019年7月28日 (日)

駐在中だから行ける場所(その4)

前回から少し間隔が空いてしまいました。理由は急な出張です。
しかも空港に着いたら飛行機が5時間近く遅れると言われ更に
その結果トランジットも7時間待ちになりで、結果普段だったら
片道12時間(それでもけっこうな距離ですが)で済むところを
片道23時間ほどかかって・・・アエロメヒコがスカイチームの
一員で、ラウンジ使えたことだけがせめてもの幸いでしたが。

それはともかく旅レポです。

ネイティブアメリカンの聖地にわざわざ大統領の顔を刻んで作った
ラシュモア山国定記念物、それに抗議をする意味で作られた場所が
あります。名前は

クレイジーホースメモリアル

当地のネイティブアメリカンの英雄、クレイジーホースを記念し、
讃えるために作られた施設です。

Photo_20190728130001

Photo_20190728130003  Photo_20190728130002

施設内はネイティブアメリカンのちょっとした博物館や売店、
それに自分は入りませんでしたがレストランもありました。

ただこの施設、ネットとかで調べると分かりますがかなり賛否両
論な場所だそうです。

曰く、単なる金儲けの施設にすぎない、曰く、クレイジーホースは
写真や肖像画が一切残されておらず、ここで掲げられているのは
白人がイメージする「インディアン」のステレオタイプでしかない、
曰く、山を削ってクレイジーホースの彫像を作ろうとしているけれど
自然を破壊してそんなものを作ろうとすること自体が彼の精神に反
するものだ、などなど。まあ個人的に金儲け云々は雇用を作れるの
であれば搾取とかしていないかぎりオッケーと思うのですが。
て言うか、個人的にツッコミどころは他にあります。

上に書いた通り、ここではクレイジーホースの彫像を作ってます。
ラシュモア山の大統領に対抗するためで、完成したら世界最大の
彫像となる予定だとも書かれていました。

Photo_20190728130102

場内にある1/30スケールの完成予想図です。これが白人のイメージ
する「インディアン」そのものだとか、彼は決して部族の「リーダー」
ではない(そもそも彼らは一人一人が独立した個人でありリーダーと
いう概念が無い)のに指の形はまるで部下に命令をするようだ、など
と批判をされています。

そして実際の姿がこちらになります

Photo_20190728130101

おわかりいただけただろうか?

いや、マジで最初、どこにその彫像があるのか全然分かりません
でした。ただ落ち着いて改めて、じっくり見ていると・・・

2

赤丸部分が横顔です

Photo_20190728130103

このアングルで並べて見るととてもよく分かります。写真のタイトルは
「理想と現実」

なんて言うか、完成するのに何年かかるんだろう・・・そもそも完成
させるつもりが(略)完成はおそらくスペインにあるサグラダファミリア
よりも後(略)

・・・とりあえず、むしろ翌日が本命です(現実、今の自分の「翌日」は
また出張なので、掲載は数日後になりますが・・・)

2019年7月18日 (木)

駐在中だから行ける場所(その3)

アメリカの中でもマイナー州と言えるサウスダコタですが、この
州には実は、かなり世界的に有名な観光スポットもあるんです。
その名は

ラシュモア山国立記念公園

と言ってもピンと来ないかもしれませんが・・・こんなことを
言っている自分も、この名前を覚えるのにずいぶん時間がかか
りましたし。どんな場所かと言うとアレです

Photo_20190718133402  Photo_20190718133403

大統領の顔が彫られているあの山です

彫刻されているのはワシントン、リンカーン、ルーズベルトと
ジェファーソン。まあ、ぶっちゃけ最初の二人以外あんまり
なじみ無いんですが(ルーズベルトは日露戦争のポーツマス
条約関連で一応覚えている程度)。

ちなみに餓狼伝説2やスペシャルのテリーステージでもこれは
出てきますが、あんなに大きくないし、近くに汽車も走っては
いないし、そもそも色が違うしで完全に別物です。

そんなラシュモア山ですが、実際に行って、現物を見たときの
感想はというと

「へ~ほ~ふ~ん」

という感じです。なんて言うか、圧倒されるようなスケールは
ないし、かと言って笑えるほどがっかりするようなショボさが
あるワケでもないし・・・がっかりできなかったことにがっかり
したと言うか、この感覚はええ、あれです

マーライオン見たときの感想と同じです

シンガポールにある、世界三大がっかりと一緒にしたら怒られ
るかもしれないですが、ホントにそれが素直な感想でしたので。

トレイル工事中だったし

Photo_20190718133401

でも、そんな状況でしたが土曜日だったということもあり、それ
なりに盛況でした。でもまあ、人生で1回行ったらもう十分かな
とは。

ちなみにこの顔が彫られた一帯ですが、ネイティブアメリカンの
聖地だとか・・・なんて言うか、うん、なんと言うか・・・

2019年7月17日 (水)

駐在中だから行ける場所(その2)

サウスダコタ州

本州より少し小さい面積に新潟市と同じくらいの人が住んでいる、
人口密度のすごぶる低い州です。ウィキペディアによると面積は
50州の中で17位なのに対して人口は46位だそうです。

ちなみにアメリカの50州ですが個人的な感覚で言うと

認知度が高い:
カリフォルニア、ニューヨーク、ハワイ、アラスカ、テキサス、
フロリダ、など

認知度が低い:
ノース&サウスダコタ、ノース&サウスカロライナ、コネティカット、
アーカンソー、メイン、ロードアイランド、モンタナなど

州より中にある都市の方が有名:
イリノイ(シカゴ)、ミシガン(デトロイト)、ネバダ(ラスベガス)
マサチューセッツ(ボストン)、ワシントン(シアトル)など

とかそんな感じです(あくまで個人の感想です)。

そんなサウスダコタ、自分が訪れたラピッドシティ空港まではロサン
ゼルスから直行便で3時間弱、アメリカ的には比較的ご近所です。

空港が近づいて、高度が下がってくると目に飛び込んできたのは
見渡すかぎりの大草原でした。

Photo_20190717150301  Photo_20190717150302

こういうのを見ると、やっぱりアメリカって広いなとは思います。砂漠
的な赤茶けた大地の部分も多いのですが、こういう大草原もまた、
この国の持つ原風景のひとつには違いないんだろうなとは。アメリカ
愛国歌、第二の国歌と言えるGod bless Americaにも「山々を越え、
平野を渡り」って歌詞がありますし。

また、この平野ですがかなり黄色いのも特徴でした。色の正体は
この植物、名前は分かんないですし調べる気もありませんが(汗)

Photo_20190717150303

そしてこの植物、ものすごく大量のチョウチョが群がっていました。
まあ、そのチョウチョがレンタカーにぶつかりまくったおかげで、
レンタカーを返すころにはクルマの前部がこびりついたチョウチョ
その他で真っ黄色に(略)

まあ、もちろん自腹を切って休日を使って旅行をするからには行き
たい場所やら見たいものやらがあるワケで、次回からはこの旅似て
訪れた場所を紹介していきたいと思います。

2019年7月16日 (火)

駐在中だから行ける場所(その1)

はい、間隔が空きましたがまた旅行記です。

それしか書くことないのか

とか言われそうではありますが

4月以降、休日出勤(て言うか休日を潰した出張対応)かなりしてた
ので、その分のお休みとって旅行していました。

どっちみち旅してんのか

とか言われそうではありますが。

7月最初の週は三泊四日でワシントンDCに行ってきました。前回の
旅先、ニューヨークと並んですこぶるメジャーな観光地です。
アメリカの首都であり最大の学術都市、スミソニアン協会が管理する
博物館が多くあり、世界遺産レベルの宝物も数多くあります。

・リンドバーグの愛機、スピリット・オブ・セントルイス
・フェルメールやモネの名画の数々
・呪いの伝説も持つホープダイヤ
・マリーアントワネットのダイヤモンド
・じかに触れる月の石
・リンカーンの帽子
・モハメド・アリのグローブ

どれも一見の価値がある物ばかりでした。



今回の旅行記の舞台はそんな首都ではありません。その翌週に
訪れた、おそらく駐在員でもやっていないとまず行かないと言
い切れる、そんな場所が舞台です。そこはどこかと言うと

サウスダコタ州です

どこだよそこ、という声が聞こえる気がしつつ、次回に続きます

2019年6月 4日 (火)

世界一の大都会へ(オマケ)

さて、あちこちに行ったせいで二泊しかしていないわりに長編に
なったニューヨーク旅行記ですが、ここではその道中、通りすが
りに見かけた景色の写真なんかを載せてみたいと思います。

P4210914 P4190505

P4190511 P4190509

P4190550

えっと、もう一度言いますが

通りすがりの風景写真です

今回のシリーズのタイトルを「世界一の大都会」とした理由、
ひとつは夜になっても全く人の波が途絶えないタイムズスク
エアの喧騒、そしてもうひとつが街中の至るところに存在する、
アールデコ調の荘厳な建築物群です。こういう建物が本当に
至るところにあります。もう途中から、ちょっとやそっとじゃ
驚かなくなったくらいに。

ちなみにタイムズスクエアですが、年越しのイベントもかなり
有名です。大勢の人々でごった返し、チャリティーで有名な歌手
によるコンサートがあり、0時には高層ビルからばら撒かれる
紙吹雪とともにみんなで新年を祝う・・・のですが、いい場所で
楽しむには午後二時くらいから氷点下まで気温が下がることも
ごく普通なニューヨークで10時間、トイレも行けず座ることも
できず立ちっぱなしでないといけないという、さすがに一人で
行くのは躊躇するイベントです(かと言って誰かを騙して同席
させても、それはそれで恨まれそうです)

あれはテレビで観るものだから

というのはロサンゼルスにいる会社の人達の弁

P4190591 P4210913

P4190513 P4200654

また、街中のいたるところに写真のような現代アートの
モニュメントもありました。たしかに都市として異質で、
ロサンゼルスも東京も、ニューヨークに比べたら野暮っ
たいというのは強く思いました。

けど

住むんだったら東京やロサンゼルスの方が断然いいなとも
思ってしまうのです。物価は高いし人口密度は高いしで。
観光旅行に行く分には決して飽きさせることのない場所だ
とは思うのですが。それにこんな場所で子供の頃から生活
していたらそれだけで、自分が他の地域出身の人と比べて
偉いんだと勘違いしてしまいそうで・・・それはそれで偏見
かもしれないんですが

45代大統領の出身地は・・・

最後にさらにオマケ:

P4190587

最初に見たとき何かと思いました。イギリス発症のスポーツ
用品ブランドだそうなのですが

2019年6月 2日 (日)

世界一の大都会へ⑫

自由の女神の観光を終えて船に乗って、あとは戻ってどこかで
時間を潰して空港に行くだけだなあと思っていたのですが、自
分のそんな予想は外れて船はリバティ島のすぐ近くにあるもう
ひとつの小島、エリス島へと向かいました。

P4210900

何があるんだろうと思いながら船を降りると待っていたのは
レンガ造りの清洒な建物。看板を見るとどうやら移民の博物
館らしい。今更ながらチケットを見ると自由の女神だけでなく
ここのチケットもセットになっていたらしいのでとりあえず
入館してみます。

P4210882

ちなみに島の全景はこんな感じ。ここも立派な国立公園です。
ええ、どこを国立公園に指定するかはアメリカの(以下略)

調べてみるとこの建物、19世紀末から20世紀半ばにかけて
アメリカ最初の入国管理事務所として使われた所だそうでした。
1階は移民局が出来る前のアメリカ移民についての歴史、2階
はこの建物がどのように入国管理事務所として機能してきたか
ということを当時の遺物や写真を交えて説明していました。

P4210893_1

三階部分から撮った写真、いまはだだっ広い2階のホールも
100年ほど前は渡航者でごった返していたんでしょう。
ちなみに2階までの階段はわりと急なんですが、これが実は
入国希望者への最初の体力審査を兼ねていたというのだから
恐ろしいです。そんな情報、今と違って移民希望者が知る由
は全くないでしょうし。て言うか長い船旅、しかも一部上流
階級を除いてたぶんあんまり快適じゃない船旅を終えた後で
元気にスタスタ階段を上れる人の方が少数派なんじゃないか
と思うんですが。

P4210875

そして当時、受け付け待ちをしていた人達が腰掛けていた
ベンチ。これは当時のモノだそうです。

まあ、正直1階部分はわりとどうでもいい(暴言)のですが
2階部分の展示物は個人的にかなりのヒットでした。時間の
都合で1時間半ほどしていられなかったけれど、できれば
もっといたかったくらい。

P4210876

無事に入国審査を通った人がこれからの国内移動に備えて
腹ごしらえをしたりお弁当やお菓子を買ったりしていた売
店とそれに使っていたレジ。昔の物価なので単位はドルで
なくてセントみたいです。

P4210881  P4210895

体調不良その他の理由ですんなり入国できず勾留される事
だってもちろんあります。そんな人達には展示の食器で無
料の食事がサーブされ、右の写真にあるようなベッドで休
む生活だったそうです(ベッドの方は説明の記憶曖昧です)

ちなみにざっくり数えると80%がすんなり(数時間で)入国、
17%が数日勾留のうえで入国、残る3%は入国が許され
ないで強制送還・・・という割合だったそうです。

P4210885  P4210897

移民の人が持ち込んだ荷物も数多く展示されていました。
これらはたしか、イタリア系移民の人達の荷物。

P4210896

当時入国してきた人達のモノクロ写真。日本人と思しき
女の子もいます。

P4210889

この建物が移民局としての役割を終えてから博物館として
営業を再開されるまで、建物は長く放置されていました。
これはその放置状態だったときの物を極力当時の状態で保
存していた物だそうです。ピアノはたぶん子供達を楽しま
せるために使っていたんでしょう。デザインからして。

そして二階のこうした展示物の解説は全部ボイスガイドで、
しかも日本語でそのうえ無料で聞くことができます(なお
先の自由の女神像にも無料の日本語ボイスガイドがありま
した。1つ1つの解説がやたら長くてあんまり使いません
でしたけど)。
そういうのを聞いているだけでも楽しいし、たぶん自分が
歴史を勉強するうえで少なくとも今は一番好きなのはこう
いう、名もなき人達の生活の足跡を辿るような展示物なん
だろうなということにも気付かされました。

これで自分が今回観光したところは全部になります。911
メモリアルに始まってピータールーガーステーキハウス、
ニンテンドーニューヨーク、タイムズスクエア(昼と夜)、
セントラルパーク、メトロポリタン美術館、ヤンキースの
試合、911記念館、エンパイアステートビル、自由の女神
そしてエリス島の移民博物館。事前にそれなりに興味あった
けど行かなかったのはブロードウェイのミュージカルくらい、
我ながらよく回ったもんだと思います。

次はラスト、ちょっとした追加情報なんかを書いてきます。

2019年5月30日 (木)

世界一の大都会へ⑨

前回の続き:
滑り込みセーフで何とか間に合った国立9月11日記念館、最初に
待っていたのは博物館とは思えない、飛行場レベルに厳重な手荷物
検査でした。それがこの博物館が他よりはるかに政治色が強い場所
だからなのか、それともテロのことを忘れないためなのか、それは
分かりません。展示物はすべて地下にあり、見学者はエスカレータ
または階段で地下に降りて行きます。

P4200740

その途中には2001年9月11日の朝に撮影された2つのビルの
写真がありました。何も変わらない1日、みんながそう思っていた
朝の写真です。

P4200735

閉館時間直前でしたけれど、中にはまだ多くの人がいました。また
自分も最後の入場者ではなく、あとからも普通にお客さんは入って
きていました。自分は一時間ほどいましたけれど、みんな焦ってる
風もなく、博物館も追い出しの音楽が鳴り始めるようなこともなく、
館内の時間は静かに流れていました。

 P4200733_1  P4200734_3

P4200732_1  P4200731_1

救助活動にあたっていた消防車、そしてツインタワーの片方の屋上
についていたアンテナの残骸です。正直、これを前にしても現実味
というのを感じることはできませんでした。これは本当にあった事
なのか?いつの間にか自分はユニバーサルスタジオに来ていて
なにかの映画で使われたセットの一部を見ているんじゃないか、
そうであったらどれだけ良いか、そんなことを考えていました。

P4200720

上の写真の一部でも写っているパネルです。言葉の意味はおそらく
「どんなに時が過ぎても、あなた達がいた日々を忘れることはない」
と訳せばいいのではないかなと。背景の青は当日の空の色を表して
いると書かれていました。当日は、快晴でした。

写真撮影禁止のエリアには当時のビデオ映像(さすがに飛行機が衝
突する場面などはカットされていました)や犠牲者の写真、当日の
消防士が身につけていたものなども展示されていました。

事件があったのは18年前でこの記念館ができたのは8年前、にも
関わらず入場するのには何時間も並んでチケットを購入する必要が
あって、とても多くの人が訪れている。訪問者の中にはもちろん自
分のような外国人もいるのですが、いかにこの事件がアメリカ人の
心に深く刻みつけられているのかが分かりましたし、同時に21世紀
に起きた、映像も遺留品も膨大なこの事件はこうして永遠に人々の
心に残り続けるのだろうなとも。展示方法、遺物や映像の見せ方は
こう言ってしまうと語弊があるのかもしれませんが、いかに人の心に
響かせられるのか、とても丹念に考えられている印象は受けました。

そして青いパネルに書かれていた言葉に対して、空虚な理想論かも
しれないけれど、悲しみを残すことはあっても憎しみを残すような
ことにならないでほしい、そう思わずにはいられませんでした。

・・・次回はいつものノリに戻ります

世界一の大都会へ⑧

前回、ヤンキースの試合にて田中マー君の好投を見届けて時間は
4時前、駅についた自分は駅員さんからどこの駅に行きたいんだ?
と聞かれました。
ガイドブックを開き、地図を見ると最寄り駅はコートランドと言う
名前らしい。その駅名を駅員さんに告げると何番線の電車に乗れと
言われ、素直に乗車。しかし、それこそが大きな間違いでした。

同じ地名が他にもあったんです

しかもニューヨーク市のはるか北方、電車で4時間ほど北に行った
その先に・・・ええ、あれです。青海と青梅を間違えたとか、浜松
と浜松町を間違えた
とか、新宿と新橋をとかそんな感じの過ちが
モノの見事に我が身にも・・・
電車でウトウトして、まだつかないなあ、て言うかどんどん景色が
田舎じみてきたなあとか、ホントに合ってるよなあとかそんな不安
に駆られてスマホで地図を見るとどんどん北に移動してて・・・

とにかくこれじゃ絶対に目的地に着かないとわかったので電車を降
りて、戻りの切符を買って、思いっきり心の中で焦りまくりながら
引き返して、途中乗務員さんにどうやったら最速で市の中心部まで
行けるかと聞いたところ、このままグランドセントラル駅に行くのが
一番だと言われてやむなくそのまま乗り続け、駅についたのは午後
六時前後。そこからダッシュで地上に出てタクシーを拾い、タクシー
降りてからもまたダッシュしてで、博物館の入り口に到着したのは
6時半でした。うん、さすがに入り口前だいぶ空いていて、並ぶ必要
全くありませんでした


P4200704

ちなみにその慌てて降りた駅で撮った一枚。どんな駅名だったのか
もう覚えておりませんが、晴れがかった初夏の空に湖が映えて、
とりあえずキレイな景色ではありました。まあこの写真、どっちか
って言うと心を落ち着かせるためにシャッター切ったというところ
でしたけど。まだ慌てる時間じゃないとかそんなことを自分で自分
に言い聞かせながら。

・・・思いのほか長文になったので、本日の更新は二回に分けます💧



2019年5月28日 (火)

世界一の大都会へ⑦

911メモリアルのそばからタクシーを拾い、30分ほどで球場へ。
このときはもう、雨は完全にあがっていました。チケット売り場に
直行してそこそこ良い席(100ドルくらい。外野席で1番安い席
だと17ドルくらい)を買って球場入口へ。

P4200663 

なんて言うか、ものすごく雰囲気のあるゲートです。

P5270886

そしてこの日はサービスデーということで入り口でトートバッグ
もらいました。ビニール製で無料配布品相当のクオリティという
感じですが、もったいないので未使用状態で取っといてます。

P4200664

そして球場を見たとき、ものすごく筋違いなことなんですけど、
率直に思ったこと、それは

ここで投げたい

でした。他のどの球場でもそんなこと思ったことは無かったん
ですけど、なんだったんでしょうねこの気持ち。これがメジャー
でも屈指の名門球団とその球場が持つ力だったんでしょうか。

そしてこのときラッキーだったのが、全然意識したワケじゃ
なかったんですが球場内の博物館が座席にかなり近い場所に
あったことでした。そうじゃなければ存在すら知ることなく
スルーしていましたので。その展示物には目を見張るものが
ありました。

P4200673  P4200672

球聖、ベーブ・ルースのユニフォームと野球カード。カード、
市価いくらになるんだろう・・・
ユニフォームは近年の選手だとジーターやリベラの物も展示
されていました(ゴジラさんは残念ながら・・・)

P4200684

でも松井選手がMVPを獲得したワールドシリーズの指輪は
展示されていました。

P4200680

ベースボールキャップの変遷。て言うか20年代って普通の
帽子ですね。野球よりもゴルフとかでかぶっていそう

P4200694

この日の先発は田中投手。上記自分の「投げてみたい」を
リアルにやられている方です。マウンドに上るときには
日本のアイドル(ももクロ)の曲が流れていました。もち
ろん日本語

P4200669  P4200699

球場のランチと言ったらホットドッグです。もちろん他の
メニューもありますが、やっぱり基本はこれ。右の謎の
黒い物体は串焼きベーコンです。ホットドッグだけじゃ
少し足りなくて衝動買いしたんだけど、見た目通りのコゲ
コゲで・・・アメリカ人はカリカリベーコンが好きだって
言うのは知っているんですが、それでも焼きすぎだと思い
ます。ついでにパスタは茹ですぎです(アメリカで食事を
するとき、パスタ系は安定してハズレ扱い)

試合はヤンキース選手の打ったホームランが観客による
守備妨害でアウトになって、それに抗議した監督が退場
させられるという荒れた展開にもなりましたが、マー君は
7回2失点の好投で試合はヤンキースの快勝。途中から
天気もすっかり晴れて、試合も大勢は決まったしマー君も
マウンド降りたしで7回裏が終わった時点で球場をあとに
しました。

行きはタクシー簡単に拾えたけれど帰りは簡単に拾えるか
わからないから電車で帰ろう

そう思って球場に併設されている駅に歩いていきました。

このことが悲劇(?)を生むとも知らないで・・・

世界一の大都会へ⑥

前回の記事で書いたメトロポリタン美術館で初日の予定はひとまず
終了。ここからはさすがにタクシー拾ってホテルに向かいました。
美術館の前には黄色いタクシーがいくらでもたむろしていますし、
乗ってみるとああやっぱりタクシーって楽だなあと。

ホテルでチェックインを済ませたら夕食。ホテルのお向かいにある
パブに向かいました。

P4190651

なかなか雰囲気のあるお店でした。
P4190647  P4190646  P4190643

せっかくの旅行なのでニューヨークらしい料理を注文しました。
州の地ビール、牛乳でなくトマトがベースのマンハッタンスタイルの
クラムチャウダー、それにバッファローチキンウィングという手羽先
&手羽元料理です。ここでのバッファローは動物のことでなくニュー
ヨーク州のバッファローという街が発祥の辛酸っぱいソースをからめ
ているから。ちなみにバッファローはナイアガラの滝観光の玄関口
でもある場所ですが、ニューヨーク市からは飛行機で1時間半くらい
離れています。ニューヨーク州って実はけっこう広いです(北海道と
九州を足したよりちょっと大きいくらい)

P4200652

でもニューヨーク市は過密状態なのでホテルも狭い立地を目一杯
上に伸ばしたような宿でした。泊まったフロアも33階とかでした。
そして二日目は朝からそぼ降る雨・・・

この日はヤンキースの試合が午後一時からあり、田中マー君が先
発予定とのことだけれどこの天気じゃ試合をやるのか不安でした
(日本と違って多少の雨でも強行するみたいですけれど)天気予
報も前から雨マークだったのでチケットはまだ買っていません。

まずは9時過ぎにホテルを出て、昨日訪れた911メモリアル、そこに
併設されていた博物館に向かいました。前日も博物館があることに
気づいていたのですが長蛇の列。この日は開館後早々に行けば
すんなり入れるだろう、そう思いながら。けど甘かったです

P4200657

すでにものすごい長蛇の列ができていました。しかもこれ、チケットを
購入するための列です。9時半すぎに並び始めて入場券を手に入
れるまでに2時間並び、しかも渡されたチケットは入場できるのは
1時以降。

幸い博物館自体は夜7時まで開館しているとのことでしたし天候も
回復してきたのでチケットを手に入れたらすぐにタクシーを拾って
野球場に向かいました。このときはさすがに電車という発想は排除
しています。

引き続き、ヤンキースタジアム訪問記です