フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「グルメ」の記事

2016年9月25日 (日)

アラスカに行ってきました⑤

途中で横浜関連の記事を書いたり、少し間が空いてしまいましたがアラスカ旅行、三日目の後半です。

三日目の後半、昼食後に訪れたのは市内にある博物館でした。(午前に行ったのは街のちょっと外側)。
P8130381
アンカレジ博物館と言って行く前からかなり期待していたのですが、正直ちょっと期待はずれだったかな~と。アラスカの歴史とかに特化したものかと思っていたら子供向けの科学博物館とか現代アートとかも併設されている感じで。オーロラのプラネタリウムもありますと書いてあったのもショボかったですし。
Photo  Photo_2

まあ、民族衣装とか道具とかに関しては充実していたのですが。

ここだけで午後が潰れるかなと思っていたら時間が余ったので、あと行けるところはと探した結果次は人生いつ以来か分からないくらいに久しぶりに動物園にも行ってみました。

Photo_3

とりあえず言えること、ヒグマでけえ

こんなデカくて強そうで全力疾走すると時速60キロくらい出せるような生き物を「神様が我々のために肉と毛皮を携えて地上に降りてきた姿」と考えたアイヌの人達は色んな意味ですごいと思います。ヒツジとかそういう戦闘力が低そうなのをそう言うんでしたら分かるんですが。ちなみに日照時間の関係で、夏場のアラスカの動物園は午後九時まで開いているそうです。

そして、それでもなお時間が余ったし天気も最後の最後でようやく良い感じになってきたのでアンカレジの西端にあるクック入江まで散歩。

Photo_4

ここの眺めは素晴らしかったです。ホント、最後の最後で天気に恵まれてくれたおかげで。もう少し遠慮せずに全日程的に恵まれてくれても全然よかったのですが

Photo_5

夕飯は昼間行った博物館のカフェに行ってパスタ。適当に聞きなれない名前のものを頼んだらけっこう辛いのが来ました。悪くはないんですが、なんて言うか…2日連続同じ店はとか考えずに素直に前日と同じところ行っていてもよかったかなとは思っちゃう感じ。

と言うワケで二日目&三日目前半に比べてネタになる面が少ない感じの三日目後半でした。翌日は寝過しちゃいけないからとわりと早めに寝ましたし。

次回は最後、番外編としてアラスカで売っているお土産物について話をしてみようと思います(来週末更新予定)

2016年9月 6日 (火)

アラスカに行ってきました④

三泊四日のアラスカ旅行、最終日は午前五時過ぎの飛行機で帰るだけだったので、三日目は実質最終日でした。市内観光を中心にあちこち回ろうと思います。まずは早起きして市内を散歩。

Photo Photo_2 Photo_3

まず向かったのは昨日使おうかとも考えていたアラスカ鉄道のアンカレッジ駅。散歩で行くにはけっこうな距離がありました(て言うか丘の上から駅舎を眺めて、そこから降りるまでもちょっと距離があります)。
駅舎の中はこじんまり、奥の方にはデニッシュなどの軽食を売るスタンドやお土産物屋なんかも映っています。ちなみにアラスカ鉄道は全米でも珍しい黒字路線だとか(貨物運輸のおかげみたいですが)

Photo

駅舎近くにあった川です。水はけっこう冷たくてキレイ。タイミングが良いと鮭が遡上してくる姿が見えるそうです(大泉洋さんを上回る(下回る?)ロケ運の自分にはもちろん見れませんでしたが)。釣りをしているお兄ちゃんがいたので「釣れますか?」と聞いたところ、「まだ始めたばっかりだよ」とのご回答。

 

Photo_5

アラスカの文化を語るうえで欠かせないのが犬ぞり、かつては雪上の貴重な移動手段でした。スノーモービルに取って代わられた今も大規模なレースが行われ、街中にはハスキー犬の銅像もあります。俺はやるぜ俺はやるぜ(by動物のお医者さん)

 

Photo_2 Photo_6

散歩から帰ったらクルマに乗って20分ほどドライブ、向かった先はアラスカ民俗文化センター。アラスカには大まかに分けて6つの原住民族(クリケット族、ハイダ族、チムシャン族、アサバスカ族、エスキモー、アリュート)がいます。上にある写真の色分けはその分布図。そういった人たちの生活などを記録した博物館です。

 

Photo_3 Photo_4

入り口にあったレイヴン(ワタリガラス)をモチーフにした銅像。なかなか異彩を放ってくれています。
Photo_7 Photo_8
Photo_9 Photo_10

博物館は建屋内のコーナーと屋外コーナーの二本立て、屋内では彼らが昔から使用しているいろいろな道具が展示され、外では彼らの伝統的な家屋のサンプルが展示されていました。
ちなみに屋内展示、全体的に照明が暗いです。奥の方とか、電気ついていないところもあって微妙にやる気が感じられません。お土産物コーナーでは手作りの色々な民芸品などを売っていましたが、手作りゆえにお値段はちょっと高めでした。

 

Photo_11

屋外コーナーで妙な存在感を放っていたトーテムポール、かなり大きいです

 

Photo_12

ステージ上ではアラスカローカルの人たちが自分の文化について説明したり、歌や踊りも披露してくれていました。奥の人が持っている大きな太鼓みたいなのが唯一の楽器だとか。クジラ漁してるんだからそのヒゲを使った弦楽器とかあっても良さそうだと思ったのですが、それは無いようです。

 

あとシアターで言っていましたが先住民の人たちの生活様式に沿って、その技術を競うオリンピックなんてのもあるそうです(詳しくはエスキモー インディアン オリンピックで検索してください。日本語の紹介文もけっこうあります)
午前中で博物館をあとにしたらお昼ごはん。ミッドタウンにある、市内で一番とされているというバーガーショップ、アークティックロードランナーに行きサーモンバーガーを注文しました。
Photo_13 Photo_14 Photo_15

店外、店内、そしてサーモンバーガー。やっぱりアメリカだけあってなかなかボリュームはあります。ポテトは(こっちにしては)控え目ですが。
これも美味しかったけど、それだけにハンバーガーも食べてみたかったなあ。さすがに無理だけど。

余談:お店の外観写真、思いっきり間違えてますよダイヤモンド出版さん

次は最終日後半です

2016年9月 2日 (金)

アラスカに行ってきました③

晴天を願いつつも待っていたのは無情な雨、そんな中で到着した氷河クルーズ、受け付けを済ませて1時間ほど待って、船に乗り込みました。

Photo  Photo_2

船の外観と内部はこんな感じです。やっぱり家族連れが多かったですが、一人旅の人も自分以外にもいました。座席は指定で自分と一緒に座っていたのは小学校くらいの息子を連れたお父さん、それに自分より少し若いくらいのセルビアかどこかから来たという女性でした。
ちなみにクルーズは旅行代理店を通して事前に申し込んだのですが、ここが対応遅くて遅くて…アオリを入れまくってなんとか前日に確認が取れたという感じでした。正直、ものすごく焦った…

Photo_3

出港後しばらくして昼食。朝食食べてこなかったので待ちに待ったという感じでした。中身はパン、ワイルドライスのピラフ、サラダ、それにサーモンとプライムリブのローストビーフ。この中でローストビーフはかなり絶品のとろける味わいでした。おかわり自由ということでもう一枚行きたかったのですが、さすがに胃袋的に無理だった…トシですかねcoldsweats01

 

Photo_4

そして船は氷河を目指して動いているのですが、ものすごく寒い!雨は降っているし船のスピード速いから風がビュンビュン当たってくるし。厚手のジャケット持ってきて大正解でした。あとパーカーにフードがついていたのもかなり正解。どっちが欠けてても耐えられないです。8月なのに

 

Photo_5 Photo_6

そして氷河に辿り着いたのですが、悪いけどガッカリ度は高かったなあ…氷山が崩れるところが見えますとか野生のラッコやアザラシシャチやオットセイが見れますとか色々と書いてあったけど、それは全部「運が良ければ」という但し書きがつきます。目の前で氷山は崩れませんでしたし野生の動物は飛んでる鳥とオットセイ一匹くらいでした。
水曜どうでしょうで氷山が崩れるのがちょびっとしか見れなかったとかラッコの群れくらいしか見れなかったとか言っていましたけどミスターと大泉さんに言いたいです

 

それ、十分運が良いですと

 

Photo_8

帰港ちょっと前に出たデザート。缶詰のフルーツ、チーズケーキにブラウニー。うん、食事は全体的に満足度高かったです。ブラウニーとか固くなりすぎず、くどくなりすぎずで絶妙な味加減でしたし。やっぱりアメリカ、クッキーとかもそうですが焼き菓子のレベルは日本よりも高いと思います(単純なチョコレート菓子とかは日本のの方が好きだけど)。

 

Photo_9  Photo_10

そんなワケでちょっと愚痴っぽくなった氷河クルーズですが、その帰り道、途中でクルマを停めて降りた遊歩道からの景色は少し天気が好転してきたこともあって素晴らしいものがありました。アンカレッジから行くと、行きは海岸線沿いの景色が見やすくて帰りは山あいの景色が見やすい、という感じです。なんて言うか、うんうん、こういう景色が見たくてアラスカに来たんだよと一人頷く、そんな景色でした(エラく立派なカメラを持って撮影している人なんかもいました)

 

Photo_11

そして二日目の夕食。サリバンズステーキハウスというステーキハウスだけど海鮮も美味しいとガイドブックに書かれていたお店に入りました。上のはハリバット、日本語で言うとオヒョウ、サーモンと並ぶ、アラスカの代表的な食材です。
そしてこれがまあ、大変なアタリでした。表面のカリッとした焼き上がり、中のフワッとした柔らかさ、日本人には馴染みやすい、醤油をベースにしたソース、全てが極めて高いレベルでまとまっています。ええ、その美味しさは思わず「おひょー」と叫びたく(略)

 

Photo_13  Photo_14

でもちょっと足りなかったのでもう一品と思って頼んだら出てきたエビマヨ的な料理。正直見た瞬間にはその量的にさすがに無理だと思ったのですが、これもまたプリップリの食感に加えてピリ辛の味付けが、同じく余りそうだったビールと相乗効果で進む進む。三日間過ごしましたけど食事の満足度で行ったら二日目が断然トップでした。

 

Photo_15

食事を終えて店を出て。ようやく薄暗くなってきましたが、これでももう九時半です。ずっと明るいというのは知らない街を歩くうえで安心感がありますね。

 

最終日は基本的に近場を回ります

2016年8月29日 (月)

アラスカに行ってきました①

そんなワケで先述のとおり、2週間前にアラスカ、アンカレッジに三泊四日で行ってきました。そんなアンカレッジ、そしてアラスカについて数回に分けていろいろと書いていこうと思います。

日本とアラスカのつながり:
前回のブログで「日本からだとまず選択肢に挙がらず」と書いたアラスカですが、後から調べると色々と関わりがあることが分かってきました。
まずアクセスですが、夏場限定で日本航空から週に三日、直行便が出ています。これに乗ると片道約6時間、なにげに五十州の中で一番近いです(そうでない場合、シアトル経由で行くのが一般的のようです。シアトルからは三時間ちょっと)
そして1980年代、まだ冷戦をしていたとき、日本を含む西側諸国の飛行機はソ連上空を飛ぶことができませんでした。その場合ヨーロッパに行くには東回りで飛ばなくてはならなくなり、アラスカは貴重な給油所だったそうです。ヨーロッパから帰ってきた日本人がアンカレッジで着陸し、空港内のうどん屋でうどんをすすると日本が近くなってきたと実感していたとか。

出発前の準備:
とりあえずウォルマートで30ドルくらいの双眼鏡を購入、寒いといけないので服装はなるべく厚手のものを。そして予習としてyoutubeで水曜どうでしょうを視聴(面白かったけれど参考になったかは激しく微妙でした)
8月11日(初日):
行きはアラスカ航空の直行便でした。ロサンゼルスからアンカレッジまでは五時間ちょっと。とっても近いですね(※最近感覚が麻痺してきています。たぶん稚内から沖縄だってもうすこし短い…)
機内では隣に座った、自称元エンゼルスで数試合メジャー登板したこともあって、今はジャーキーの工場を経営しているというお爺ちゃんと雑談しました。一週間半ほど、友人宅に泊まってサーモン・フィッシングとかをするそうです。
空港に到着したのは午後二時過ぎ、朝食昼食とも食べそこねていたのでまずは軽く腹ごしらえ。何を食べるかは行く前からすでに決めていました
Photo
トナカイのホットドッグです

お値段は7ドルちょっとと少々高め(トッピングのタマネギやピクルスは無料)。ケチャップとマスタードを少々かけてかぶりついてみました。

美味いです

たぶん寒冷地用ということで肉に唐辛子が練り込んであるんでしょう。肉自体がかなり辛めですが歯応え、旨味ともに十分。ぶっちゃけ牛肉のフランクフルトよりこっちの方が美味しいくらいに感じました。ただサンタクロースの乗り物食ったので、今後自分の人生にサンタさんは来てくれないかもしれません。
そして軽く食事を済ませたらレンタカーを受け取り市街地へ。当初の予定だとここから一気に四時間くらい北上して、アラスカ最大の国立公園であるデナリ国立公園に行こうと思っていたのですが、宿が完全に満杯でした。どうやらこれは、かなり前から予約をしておかないとダメだそうです(水曜どうでしょうではキャンピングカーを使っていました)
Photo_2
市街地に行く前に寄ってみた公園(地震公園)の湖からアンカレッジ市街地を見渡して。もっとも天気が悪いのであんまりよく見えませんが…
Photo_3
アンカレッジの市街地にて。土産物屋が立ち並ぶ、典型的な観光都市という風情でした。市街地自体は3キロ四方くらいの面積に収まっています。ちょっと頑張れば、全然歩いて回れるレベルです(街散策は最終日に集中していたのでそっちで書きます)
Photo_4  Photo_5
Photo_6  Photo_7
初日の夕飯。地ビール、具だくさんのチャウダー、白ワイン、それにカニのほぐし身を詰めて揚げたロックフィッシュ(メバル)です。最初にトナカイ食べておいてなんですが、やっぱりアラスカはシーフードメインで行きたいなということでこの組み合わせになりました。味付けは比較的あっさり。なかなか美味しかったです。
二日目はちょっと遠出します

2014年1月 6日 (月)

(2ヶ月前ですが)福井に行ってきました④

可夢偉の去就は今週決定か…ケータハムに決まってくれるといいのですが(挨拶)

そんなワケで(?)福井訪問記4回目は旅館の朝からはじめてみようと思います。

Photo

Photo_2  Photo_3

海岸沿いの旅館らしく朝食も魚介類中心。干物のよこにある小さな魚の切れ端みたいなのは名産品の「鯖へしこ」、塩を振ってぬか漬けにした郷土料理です。ちょっと炙るとこれがもうね…朝からすごくお酒がほしくなる味というか(飲みませんけどね)

Photo_4  Photo_5

朝らしく温泉卵とサラダ。サラダはちょっと、他のメニューに比べて浮いていたかな~と。味は悪くないんですけどね。パンがほしい…

Photo_7  Photo_8  Photo_9

あとは煮物に香の物、それにボリュームたっぷりのお味噌汁(&ご飯)

全体的に食事、サービス、風呂に部屋の清潔感と文句なしで、これまで泊まってきた旅館の中でもトップクラスでした(あえて言うなら宿の回りに何もないことですが、それは宿の責任じゃないですし)。機会があったら、また泊まってみたいなと思える宿でした。

そして旅館の出してくれた車で近場の駅まで運んでもらいました。

Photo_10  Photo_11

えちぜん鉄道の三国港駅。海岸沿いの駅で趣のある駅舎です。

Photo_12

電車は一両編成。30分に1本くらいはあるので、あまり待たずに済むのはありがたかったです。撮り鉄というワケでもないのですが、とりあえず一枚。三国港駅から一駅、電車に乗って隣の三国駅へ。

この三国という街も、これまで全く名前を知らない街でした。ただ旅館においてあったガイドブックを見て、なんか雰囲気が良さそうな街だなあと思って足を伸ばした感じです。
そして実際、とても良い雰囲気の街でした。

Photo_15  Photo_16

古いお屋敷を見てみたり(ちなみにここで「船箪笥」というのは「船が沈んでも沈まず、浸水もしない箪笥」のことだと知りました。あと昔の箪笥は火事泥防止にパズル的なロックがかけられるということも)

Photo_17

Photo_18  Photo_19

森田銀行本店という、かつて銀行だった洋館を訪問してみたり

Photo_20

そういった所から少し離れた、高台の上にある郷土資料館(龍翔館)を訪れてみたりと。

Photo_22  Photo_21

ちなみに中には大きな山車や船の模型なんかもありました(これらは写真撮影可能)
あとは港町としての三国の文化、当時の屋敷を再現した原寸大模型なんかも展示してあり、けっこう見ごたえあります。

Photo_23  Photo_24

また高台にあるので、三国の街も一望可能。

時間の兼ね合いもあり、少し駆け足な感じでしたが静かな、良い街でした(暮らすには自転車必須だとも思いましたが)

次回は最後の目的地、永平寺です

2014年1月 5日 (日)

(2か月前ですが)福井に行ってきました③

なんか昨日のニュース、シューマッハの家族や医師団は否定しちゃってますね…訪問した人が勝手に先走っただけなのか…容態は悪いながらも安定はしているようですが。

という話はここまでにしておいて、福井県旅行記三回目、今回は泊まった旅館を紹介したいと思います。

今回泊まったのははれや旅館という所でした。オープンしたのが2013年の4月ということで、まだ新しい旅館です。

Photo  Photo_2

旅館の外観と室内。新しいだけあって清潔感がありました。写真には撮っていませんがロビーや館内も掃除が行き届いています。

Photo_23

宿の真正面には海水浴場もありました。さすがに誰もいませんけど。

到着したらまずは温泉につかり、そして夕食へ。一人旅では部屋食にすることが多いのですが、今回は大部屋です(単に見間違えてそうなっただけですが)

Photo_20

というワケで夕食のメニュー紹介。とりあえず初期状態で写真を一枚(ここから色々増えていきます)

Photo_3

まずは食前酒の梅酒

Photo_4

Photo_5  Photo_6  Photo_7

先付け三種。ずいき(山菜)、イカの酢味噌あえ、鯛(うろ覚え)の山かけ

Photo_8

お刺身。まぐろ、甘エビ、鯛、はまち(違うかも)。なにげに鮪がすごい美味しかったです。鮪って大外しはないけど大当たりもなかなかないので意外。

Photo_11  Photo_12

福井と言えばカニ!ということで毛蟹の酢の物とカニ味噌。越前ガニは残念ながら禁漁解禁前なのでありませんでした。

Photo_9  Photo_10

地元牛肉のステーキ。高山で食べた飛騨牛に匹敵!旅館の人も鉄板に勝手に着火していかず、頼んだら着火してくれたのがありがたかったです。おかげで焦らず食べられましたし。

Photo_13  Photo_14

天麩羅と炊き合わせ。わりと見ての通り?炊き合わせのアンキモとか美味しかったです

Photo_15

福井ではカニと並ぶ名産品の鯖を使った焼き鯖の棒寿司。個人的に牛肉と並んでこれが一番美味しかった…脂たっぷり乗ってます。

Photo_16  Photo_17

あとはご飯にお漬物に…

Photo_18  Photo_19

茶碗蒸しにデザートのプリン

Photo_21  Photo_22

もちろん、お酒も飲みました(花垣っていうのは水っぽすぎて個人的にはちょっと…でしたが)

メニューの中でのヒットは牛肉と鯖でしたが、それ以外も非常に美味しく、また見た目にもキレイに盛り付けられていました。また旅館の人の感じもよく、満足度はかなり高いです。(旅館に泊まりにまた福井に行きたいと思えるレベル)

満腹になって酔っ払ったら少し寝て、二度目の入浴をして本寝(近くに何もないですし)、そうして福井の夜は更けていきました。

2013年9月 2日 (月)

肉を食べよう、魚を食べよう④

なんか気がつくと、たぶん過去最長レベルに間隔あいてました(汗)

その間に大阪に引っ越したり広州に久々に行ったり、インドに二度も行くハメになったりといろいろありすぎたワケですが、とりあえずそういったことを書く前に、簡単ではありますがこのシリーズを完結させておきたいなと。

白川郷をあとにした自分はバスで富山は高岡に向かいました。ここから向かう観光地としてはたぶん金沢が一番一般的なのですが、前に一度行ったことがあったので…ちなみにバスで二時間以上かかるのですが、車両が都バスと同じなのでかなり疲れました…

んで夕食。ホテルの近所にあった居酒屋で。予定どおり海産物づくしです。

Photo  Photo_3

富山の名産、ほたるイカの塩辛と白海老の刺し身

Photo_5  Photo_7

近海物のお刺身盛り合わせと「げんげ」という魚の天麩羅

このげんげ(漢字で書くと「幻魚」)は富山で一番のヒットでした。こういうその地域地域以外じゃ食べられないものを食べる、というのはやっぱり旅の醍醐味ですね。

逆に今回の旅で食べ損ねたのは「富山ブラック」と言われる真っ黒なスープのラーメン。どうもいいタイミングでお店に出くわすことができなくて…

Photo_8

かわりに食べた海鮮丼。これはこれで美味しかったです。

ちなみに富山ラーメンは後日神田で食べました

意味がない?いいえ、この旅行がなかったらきっと、神田ででも食べていませんでした。なのでこれも立派な、旅の食事です。

そんなワケで食事はとてもよかった富山県なのですが、それ以外の観光面はちょっと弱かったなあと。

Photo_11

お城があるんだ~と行ってみた富山城は「昔お城があったとされる場所に彦根城とかを参考にカッコいいのを作ってみました」というなんちゃって系だったし、蜃気楼は見れたのは幸運だったようなのですが、今一つすごさが伝わらなかったし…

やっぱり黒部とかに行かないとダメだったんでしょうか。商店街とかお店はいろいろ過不足なく揃っていて、住むにはかなり良さそうな街なんですけどね。

記憶もあいまいだし文章量短いしで富山の方々スミマセンcoldsweats01

2013年6月19日 (水)

肉を食べよう、魚を食べよう③

美味しい飛騨牛をお腹いっぱい食べた翌日、朝は朝風呂行ったり旅館で朝食をとったり、高山の市内をもう少し見てまわったり、朝市をひやかしたりして過ごしました。

Photo_2  Photo_3

Photo_4

そして旅館の朝食。小鉢セットと牛肉のほろほろ煮、それに小さなマンゴープリンがつきました。全体的に食事に文句は一切なし、また来たいお宿です。

そして高山をあとにし、50分ほどバスに乗り次の目的地、合掌造りで有名な世界遺産の地白川郷へ。ここの景色、かなり素晴らしいものがありました。

Photo_6  Photo_7

Photo_9  Photo_10

白川郷で撮った写真の一部。なんて言うか、どこでシャッターを切っても絵になる所です。丘の上にある展望台から撮った写真なんて、本当に何か、ジオラマの世界に紛れ込んだかのような気持ちになりますし。それに高山もそうだったのですが、水がものすごくキレイです(さわってみたけどめっちゃ冷たい)

白川郷というと雪景色も有名ですが、個人的には夏景色の方がいいなと思ってます。どこがどんな形をしているのか、すごくはっきり見えますし色彩の変化というものも楽しめるので。(平泉に冬行ったけど、どこもかしこも雪に埋もれていてちょっと残念だったので。あくまで個人の感想ですが)

また、世界遺産に登録されただけあってかなり外国人多かったです。なんかかれこれ、五ヶ国語くらい入り混じっていたような。

Photo_11  Photo_12

食べ歩きグルメ。いいお米使っていて普通に美味しい五平餅と、どぶろく(左)&栃の実(右)のジェラート。ジェラート、どっちもお酒や木の実の味はしっかりしますが、クセが強いというほどのことはなくわりとさっぱり系でした。

でも、白川郷の食事、本命は昼食でした。

Photo_13

食事処「白水園」にて数十年の歴史をもつ名物「おやじ和膳」。おそばとご飯と…何より奥にある物体が存在感放ちまくってます。

Photo_14

奥にある物体。背中に見えるフタを開けると…

Photo_15

このようになっております。プチすき焼き風

Photo_16

現在目下三周目、自分の近年最愛ゲーム、ペルソナ4Gにあったこの場面を思い出しながら、そして同じゲームの中にあった

「ごめんよクマくん、人権は人にしかないんだ」

というセリフも思い出しながら、人生初の熊肉を口に運んでみました(なお、上記ペルソナの謎生物=クマは別に食われたりしません)んで感想ですが…

飛騨牛が脂っこさがなく、噛めば噛むほど濃厚な味がしみ出してきたのに対して熊肉はかなり脂っこく、ついでに言うとネギや味噌や生姜でものすごく頑張って煮込んでいるのに臭みが消しきれてなく、それでいて味わい深さも(以下略)で…えっと、とりあえずネタとして一回たべれば十分な味だと思いましたcoldsweats01

ちなみにこの熊肉、当然熊の牧場なんてわるワケがないのでやっぱり猟師さんが狩ったのをおろしてもらっているそうです。手間も危険もかかっているので定食お値段2000円、安くはないです。

もし白川郷を旅する機会があったら、ぜひ一度は食べてみてください。とりあえず、他ではなかなか食べられないということだけは事実だと思いますので。

2013年6月15日 (土)

肉を食べよう、魚を食べよう②

表題の一人ツアー企画、二回目の今回は初日の宿とその食事について書こうと思います。

Photo

初日のお宿。旅館清流という温泉旅館でした。
口コミを見るとお風呂が小さいと書かれていましたが清潔感ある湯船だったし一人旅だったし他のお客と鉢合わせなかったのでちょうどいい大きさでした(カラン3つだし団体だとキツイと思いますが)。ただ部屋の窓を開けても何も見えないのがちょっとマイナスだったかなと。

夕食は飛騨牛たっぷりコースというのを頼みました。以下の写真がその全品です

Photo_2  Photo_4

ハスカップの食前酒と飛騨牛を使った冷菜三種(味噌和え、ローストビーフ、刻んだ漬物とセットになった物)。冷菜はどれも主役はれる味で初っ端からインパクト十分。

Photo_6  Photo_7

自家製のごま豆腐と炊き合わせ。箸休め系かな?

Photo_9

メインその1、飛騨牛のしゃぶしゃぶ。写真ごしからも伝わってくる、芸術的なお肉の美しさです

Photo_11

メインその2、ご当地名物の朴葉味噌焼き。牛肉とネギ、味噌をたっぷりと絡めて焼きます。ご飯にのせてよし、そのまま酒のアテにしてよしの万能っぷり

Photo_12

メインその3、飛騨牛のデミグラスソース煮。美味しいけど、これだけはちょっと日本酒よりもワインがほしくなる味かも(酒が多くなりすぎるので飲まなかったけど、ちょっと残念?)

Photo_13

メインその4、串焼き。街中でも二本800円くらいと高めの価格でやたらと売っています。もちろんここのことを考えてガマンしましたけど。

Photo_14  Photo_15

Photo_16

漬物、味噌汁、そしてサービスのサラダ。赤カブの漬物はご当地の名物だそうです。味噌汁が赤だしなのはやっぱり中部地方だから?

Photo_17

そして別注文の日本酒、これにご飯で全部です。

食事の感想は一言で言うと美味かった。もっと言うなら飛騨牛は霜降りでありながら口に入れたときに脂っこさやしつこさが無く、噛めば噛むほど濃厚な旨みが出てくる、そんな牛肉でした。ええ、個人的に過去最高の肉だった松阪牛と互角レベルです。これは完全に、もう一度行きたくなるレベル(お値段はちょっと高めですが)

翌日は食い物以外では旅の最大の目的地、白川郷に向かいます

2013年4月 8日 (月)

アメリカに行ってきました②

海外に出たときの食事についてこんな話があります

・とことん地の物に走りたがるのが日本人
・食べなれたものに近いもので妥協するのが中国人
・何がなんでもいつもの食事以外嫌だとゴネる韓国人

そして自分は骨の髄まで日本人、当然食事(別名せめての楽しみ)は地元の物にこだわってみようと思い、現地の人にお願いしていろいろと食べさせていただきました。

2013040312170001  2013040312180000

まずはステーキと並び「アメリカと言ったらこれ!」な食べ物、巨大ハンバーガー。

厨房で2メートルくらい先にある筈なのに、マクドナルドとかで見慣れているサイズより明らかに大きく見える、遠近感がおかしくなったのかと錯覚するような存在感のバンズ、それに挟まれるのはベーコン、チーズ、ピクルス(約一本)、野菜炒め、ミートパテ(たぶん0.5ポンド、クオーターパウンダーの倍にしてあちらの国での標準サイズ)、千切りのキャベツ、そして何故かフライドポテト…ぶっちゃけ現物目の前にしたときの第一印象が

どこを掴めばいいんだろう?

でしたさ…coldsweats01

でも味はすげえ美味かったです。まず確実に、日本では食べられない味。お値段9.5ドル。皿の上にこぼれた野菜炒め以外は全部(半ば無理矢理)食べつくせたのも、ひとえに美味いからの一言に尽きました。

Photo

バーガー、ステーキとならび、カリフォルニアに言ったらぜひ食べたいと思っていた本場アメリカのカリフォルニアロール。アメリカで寿司と言ったら基本が巻物系、江戸前寿司とかはロールで慣らした人が食べるものだそうです。

ちなみにカリフォルニアロールはロサンゼルスの日本人街、リトルトーキョーにいた日本人の板前さんが海苔や刺し身に馴染みのないアメリカ人に寿司を食べてもらうにはどうしたらいいかと考え考案したとか。そういう創意工夫って大事です。

Photo_2  Photo_3

そのほかに頼んだモンロビアロール(左)とレインボーロール(右)
モンロビアロールは海苔のかわりに薄切りのキュウリで巻いててサラダ感覚。どれも日本で確実に通用する味でした。

他にもいろいろいメニューにあり、その大半は名前から何が巻かれているのか判別できない物ばかりでしたが、唯一巻かれているものがすごく明確に想像できるのがありました。
それがなにかと言うと

フィラデルフィアロール

これでチーズ以外が巻かれていたら、むしろ怒ります

Photo_4

朝マックで食べたソーセージブリトー。アメリカ人はブリトー大好きです。

卵、チーズ、温野菜、そして刻んだソーセージをラップしたこの一品、なんで日本で売らないのかとマジで思いました。日本の朝マックより確実に美味いし。コンビニのブリトーよりも確実に美味いし。ビッグアメリカとかやらんでいいから(暴言)

ちなみにアメリカの朝マックですがこんな凶悪なメニューもあります

てか、朝から4桁キロカロリーってどうよ…

Chicken  P4050395

その他、左はチキンで右はチリチーズドッグ、携帯電話はサイズ比較用。チキンはちゃんとしたレストランで食べたこともありかなり良好(ちょっといんげんとマッシュポテト多すぎだったけど)、ホットドッグはまあ普通かなと。

今回、食べようと思っていたものは大体食べました。食べてないのはバッファローチキンウィング(手羽先)とタコス、七面鳥系くらい?あ、あとデザート系は全然食べてません。そこに至るまでに力尽きたし、そこからもうひと踏ん張り行くのにはそれらの量もまた凶悪だったので…でもまあ、アメリカの食生活、味に不満は一切ありませんでした。特にパンが予想をはるかに超えて美味しかったのが印象的。

ただし当然、ツッコミ所もいろいろありましたが、それは次回の掲載にしたいと思います