フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「野球」の記事

2018年4月22日 (日)

目下好調のベイスターズを振り返って

>タイトル
プロ野球開幕からもうすぐ一ヶ月、まさかベイスターズがこんなに好調な開幕を迎えられるとは、予想だにしていませんでした。

去年の先発陣で勝ち星トップ3だった今永、ウィーランド、濱口の全員が怪我で開幕絶望、代役はルーキーやこれまで未勝利の投手、それに独立リーグからの復帰組と、まあ三本柱が戻ってくるまでは借金5くらいで収まってくれれば上出来すぎるくらいだと思っていたのが、まさか広島と首位争いをしていようとは…しかもチーム防御率と盗塁数がセリーグトップ、これまで過去数年で何度か調子の良い時期はあったものの、どちらかと言うと投手陣はダメな中を打ち勝って行くパターンだったので、これまでとは全然パターンが違います。

思えば2000年代、親会社がTBSだったときは本当に暗黒時代でした。5連敗、6連敗は当たり前、連敗が3で止まるとずいぶん早く止まったなと思い、シーズン終盤まで3連勝が1度も無かったシーズンもあり、借金の数はもはや笑うしかないレベル。某大手掲示板でこんなコピペがあっても、それにただただ頷くのみでした。

●試合は負けるものだと思って観戦する
●一試合にいいところを一つでいいから探す
●試合に勝とうが負けようが監督の謎采配を受け入れる
●勝った日は野球ニュースをはしごしこれが最後かもしれないと噛み締めながら観る
●そのうち超大物の助っ人外人(白薔薇の再来)が入団してくるハズだと信じる
●相手エースが先発の日はいさぎよく負け試合を確信する
●若手(石井琢二世または和製クルーン)の成長を何よりの楽しみとする
●どうしても辛くてガマンできないときは98年日本一のビデオを観る
●毎週月曜日は「今日は絶対負けない日」と心穏やかに一日を過ごす
●チームが負けている時、巨人戦中継を見て負けているのを見て自己満足をする。

最下位は当たり前、三年連続90敗以上、シーズン終盤になるとあと何勝何敗ペースなら100敗を回避できるのか真面目に計算、内川の打率がチームの勝率を上回るなんてこともありました。
…諦めが悪くズルズル引きずる性分ですが、よくファンを止めなかったなとちょっと思います。

それが親会社がDeNAに代わり、チームの再建が始まってはや6年、よくぞここまで上がってきてくれたと、つくづくそう思います。
そして同時にここ数年のベイスターズは、1つの人生教訓を与えてくれました。それは何かと言うと

堕ちていく先に底なんて無い

という事実です。

一度落ち目になったときにこんなことを言う人がいます
「いっそとことん落ちた方がいい」
「その方が膿を出し切れる」
でもはっきり言えます。

そんなのは幻想だと

ベイスターズは結局TBSが親会社でいる間、ずっとどん底から抜け出すことはできませんでした。数年の例外を除き、ずっと最下位を走り続けました。膿はどんどん溜まり、それを出し切って上昇気流に乗るなんてことはできませんでした。

組織でも個人でも、ダメだと思ったらそこで全力でブレーキを踏み、アクセルをふかす、そうしないと上がって行くことなんて出来ない、堕ちていく先に勝手に底を打ってくれるなんてことは決して無い。それが現実なんだなと。

…とまあ、最後は何か重いうえにまとまりの無い話になってしまいましたが、とにかくベイスターズにとって今年は20年ぶりの優勝のまたとないチャンスだと個人的には思っております。

自分は基本アメリカにいるのでスタジアムに応援に行くことはできませんが、何とか混戦模様のセリーグを勝ち抜いて、優勝目指して突き進んでほしい、今はただそう願ってます

2018年4月 9日 (月)

大谷選手の本拠地初登板

それは一昨日(4月6日の金曜日)のことでした。

スポーツニュースで「大谷翔平選手、4月8日の試合で本拠地で投手として初登板」というニュースを目にしたのは。

この記事を見たとき、ちょっと迷いました。観に行こうかなあ。でも投手だとなあ。前回はそこそこ好投したみたいだけれど、炎上したら悲しいものがあるしなあ。うん、そうだ。今日の試合の第一打席でホームランを打ったらチケット買おう。ハハハ、まあ、打者として出場した前の二試合でホームラン打ってるけどいくらなんでも…

カキーン

( ゚д゚)


ほ、ホントに打っちゃったよ…まさか自分の声が聞こえた???(自意識過剰です)

と、そんなことがあって本日、エンゼルスの試合を観に行ってきました。

P4080475

スタジアム外にある看板の写真です。もちろん他の主力選手(プホルスとかトラウトとか)のもありました。そういうスター選手達と同じ扱いなんだなあと。

P4080476

スタジアム一階にあるグッズショップの前にて。完全に個人のコーナーが作られています。
自分自身エンゼルスの試合は過去に数回観に行っているのですが

こんなに日本人が多い日は初めてでした
でもスタジアム全体を見渡すと白人さんでも大谷選手のレプリカユニを着ているひとが結構多かったのが嬉しかったところです。もうみんなに受け入れられているんだなあと。
P4080479

試合開始前、オーロラビジョンにて。スタメン発表のときです。ちなみに試合に行く前も個人的には

「夢は7回5安打無失点。まあ、そんなのいくらなんでも都合よく考えすぎだよねえ」
とか考えていたのですが、
結果は7回1安打1四球で無失点。6回まではパーフェクトでした

…もうね、なんて言うか、言葉が出ないです。7回とか観ている方がドキドキしましたし。
とにかくすごいとしか言いようがないです。オープン戦で不振だったときも通用しないハズは無いけれどまだアジャストに時間が必要なんだろう。けれど商業主義で振り回されて気の毒に、とか思っていましたし。なんて言うか、日本ハムにいたときに

「指名打者で出場して優勝を決める決勝点を打った次の回にDHを解除して登板して胴上げ投手」

っていうのを見たときからマンガの世界から出てきた人なんじゃないかとか、競技が違うけれどあらゆる意味でリアル大空翼って大谷選手のことを言うんじゃないかとか思ってはいましたけれど、まさかこれほどまでとは…

とにかくまだまだシーズンは始まったばかり。大谷選手には故障に気をつけながら、メジャーリーグでも二刀流として大暴れしてもらいたいところです。

2017年3月23日 (木)

WBCを観てきました

昨日の話ですが、掲示板にもちょっと書きましたようにWBCの準決勝、日本対アメリカ戦を観てきました。(最初は観るなら決勝とも考えたのですが、結果的にこの試合を観に行って大正解)

試合結果自体はもう皆さんがご存知のように、残念な結果になりました。エラー云々もありますが、個人的にはうちの(?)筒香が初回と8回に回ってきたチャンスのどっちかでも打っていたら…というのが気持ちとして一番強いかなと。去年横浜の主砲として、WBCの予選リーグでも要所要所で抜群の働きを見せてくれていたからこそ、余計にそんな気持ちが強いです。まあ、試合についてはあらゆるところであらゆる論調や分析が書かれているでしょうから、ここはあくまで現地レポで。

Photo

試合開始前の球場入り口。この日の天気は雨。少し前のブログでも書いたように今年はやたらと雨がちなロサンゼルス。それでもここ二週間くらいは晴れ続きで、日中30度になる日もあって、もう雨季も終わったのかな、でももうちょっとくらいお湿りがほしいなとか思ってはいたのですが、何もこんな日に降らなくてもと。幸い自分の座った席は一階席の中で屋根が届く中での最前列という、ものすごくラッキーな席でしたが。

P3210007
始球式を務めた野茂英雄投手と彼がドジャースにいたとき監督を務めたラソーダ氏。野茂の登場がアナウンスされたときは場内から拍手、ラソーダ氏が登場したときはさらにひときわ大きく暖かい拍手。すっかりお爺ちゃんになって足元もおぼつかないラソーダ氏の手を取り、肩を貸し、まるで親子か祖父と孫のように連れ立って歩く二人の姿には、ちょっと涙ぐみました。野茂がメジャーのマウンドに立ったのは1995年、あれからもう、ずいぶん年数が経っちゃったんだなあと。

P3210009

夕食は野球観戦らしくホットドッグとフライドポテト、そしてレモネード。まあ完全にジャンクフードですね。球場価格で割高だし。でも何となく美味しい。

P3210011

試合中はあんまり写真撮っていませんが、とりあえず一枚写したパノラマ写真。試合内容以外で言うのなら、何より日本風の応援が懐かしかったです。鳴り物があって、選手ごとのテーマソングがあって、観客が歌って、どれもメジャーの野球観戦には無いものですから。
「アーメリーカの空高く、ホームランかっとばせつ、つ、ごー」
とかこういうことでもないと歌えませんし(結果は凡退でしたが…)。

あとアメリカ側が得点したときとか、マジでUSAコールはすごいです。これ、野球じゃなくてどのスポーツでもやりますが。ええ、とたえそれがプロレスであっても(アメリカンプロレスでルセフってプロレスラーがロシア国旗を持って登場、ロシアとプーチン大統領に忠誠を誓い、対戦相手のアメリカ人を傷めつけたときとかに。もちろんそれは全部演出で、そもそも当のルセフはブルガリア人なんですが

P3210012  Photo_2

試合終了後の球場、そして最初の入り口での写真です。なんのかんのでこのタイミングでアメリカ、しかもロサンゼルスにいられたというのはものすごくラッキーだったなと。試合としても日米戦というのは一番観たいと思っていたカードでしたし(本当は決勝で観たかったカードですけど)

今週末はF1が開幕し、プロ野球も間もなく開幕、スポーツ観戦が楽しみな季節がまたやってきました。

2015年8月21日 (金)

軽い絶望感

昨日の話です。

自分が応援している横浜ベイスターズ、そのルーキーである山崎康晃投手が新人として元中日の与田投手の記録を更新する、32セーブ目を挙げました。去年同じくルーキーながら守護神を勤めた三上投手が怪我で出遅れたなか、開幕直後から守護神に起用され、ここまでの記録を積み上げたのは本当にすごいことだと思います(ちなみに三上投手も最近一軍にやってきました。ヒットはちょくちょく打たれながらも無失点で頑張ってます)
ここまではけっこうスポーツニュースでも取り上げられているのですが、実はこの試合、もう一つの記録達成がありました。
先発の石田投手が球団のルーキー左腕として過去最多勝を達成したのです
二勝目で

二勝で過去最多…二勝で過去最多…優勝メンバーの左腕エース、野村弘樹も記録を見返したら一勝…
そりゃ低迷するわと

チームとしての歴史が14年短い巨人よりも黒星は700以上多い(そして白星は2000近く少ない)っていうのは伊達じゃありません
それでもとにかく、このヤクルト三連戦を4カードぶりに勝ち越して三位のヤクルトと3.5ゲーム差、なんとか三位以内に入って12球団で唯一、クライマックスシリーズに出たことがない球団という不名誉な記録を今年で終わらせてほしいものです。いやマジで…

2012年7月25日 (水)

イチローがヤンキースですか…

さすがにちょっとびっくりしました。なんとなくずっとマリナーズにいると思っていたので。
去年からずっと成績も下降線ですが、なんとかもうひと花咲かせて、チャンピオンズリングも手にしてほしいと思ってます。

そして明後日からちょっと旅に出ます。旅の行き先はシンガポール、インド出張時に空港に降りたことはありますが入国したことはありません。
とりあえず目的は上が船のような形のプールでつながっているホテルマリーナベイサンズでの宿泊(さすがに高いので初日の一泊だけ)や、世界三大がっかりの筆頭格マーライオンあたりでしょうか?あ、ジョジョ三部で承太郎が戦ってたケーブルカーとかも乗ってみます。

んで久しぶりに、ほんと~に久しぶりに「目配り気配りいい運転」ではないF1の記事が描けます。

先週末のドイツグランプリ、小林可夢偉は初日からマシントラブル(可変リアウィングのトラブル)が発生してマトモに走れなかったりとかなり悲惨な蹴り出しでした。そして予選ももはや恒例行事となった感のあるチームの戦略ミスで中位に沈む…けれど、なぜか今回はあまり、見ていて不安は起きませんでした。なんでかというと前回のイギリスがあらゆる意味で悪すぎたし、今回は、悪いながらも初日より二日目の方がマシになっている感じがあったから。

それでも当日、やっぱりレースは見ていて緊張したし、とくにピットストップではまた何かやらかさないかとか、タイヤ交換で他より何秒も余計にかかったらどうしようとか祈るような気持ちでしたが。

とにかく結果は五位完走、さらに二位を走っていたベッテルがペナルティを受けたおかげで順位繰り上げで四位入賞、チームと可夢偉が立てた作戦、完全にキレを取り戻した本人の走り、そして最後までプッシュし続けて前との差を詰めたことといった(予選以外の)歯車が噛み合っての結果でした。

相方ペレスも六位入賞でチームとしてはシーズン最多得点を稼いだザウバーチーム、このまま歯車が噛み合った走りを見せ続けてくれることを期待しています。

2011年4月14日 (木)

これは夢か現実なのか

ベイスターズが開幕三連戦の三試合目で中日に快勝、2000年以来11年ぶりの開幕カード勝ち越しでヤフーにトップにも一時的に掲載…

なんて言うか、嬉しいか嬉しくないかと聞かれればそれは嬉しいです。ええ、とても嬉しいです。けれど、ファンじゃない人にとっては理解できないかもしれませんが、個人的には何か、夢でも見ているような、なんかフワフワしたというか、そんな気分になってしまうのです。現実世界で起こり得ないことを見たというか、F1で小林可夢偉が今年どこかのレースで優勝するよりも、もっとずっと非現実な感覚と言うか…(言い過ぎ?)

それでもやっぱり、このまま頑張ってほしいです。試合は負けると思って見るもの、そういう感覚が骨の髄までしみ込んだ、ある意味訓練されたハマファンが勝ち続ける姿を現実の物として捉えられるようになるその日まで…

2011年4月12日 (火)

勝っちゃったよ…

横浜が開幕戦で…しかも超がつくほど相性の悪い中日を相手に…

・八年ぶりの開幕戦勝利
・四年ぶりの貯金
・三時間だけは単独首位

なんかもう、野球に関しては今年はこれで十分です(酷)明日も勝って開幕カード勝ちこしなんてした日には、来年いっぱいまで十分です(更酷)

いや、まあとりあえず応援してるし頑張ってくれればもちろん嬉しい。去年は一度もハマスタ行かなかったけど、今年は行こうかなという気持ちにもなるんですけどね。

このブログで過去最短の短文ですが、とりあえずこのへんで

2010年12月 5日 (日)

今年も残り少なくなってきました①

すでに師走も五日が経過、三十代はあっという間だという言葉の意味をしみじみと噛み締めるような昨今です(会社の先輩に言わせると「四十代はもっと速い」だそうですがsweat01

そんなわけでちょっと早いですが、過ぎゆく2010年を振り返り、今年自分が興味を持って見ていたものについて数回に分けて総括してみたいと思います。

まず最初に振りかえりたいのは十年来の応援球団である横浜ベイスターズです。のっけから暗くなること確定な話題ですが

開幕前はわりと楽しみでした。投手では清水、捕手では橋本、打撃陣ではスレッジらを獲得し、監督は投手コーチとしての実績は申し分のない尾花監督、優勝争いは無理だとしても普通に考えれば四位、巨人阪神中日のいずれかが不調に陥ればクライマックスシリーズも十分狙える年になる…そう思っていました。そして実際、交流戦前までは借金生活ながらも四位をキープ、まずまず期待通りだったと言っていい状態でした。

それが交流戦でパリーグ球団にフルボッコに遭い、さらに交流戦が終わっても沁みついた劣勢を跳ね返すことができず結果はいつもの定位置、史上初の三年連続90敗以上という不名誉な記録までオマケにつきました。しかも終盤には尾花監督に対する選手の不平不満が新聞記事に載り、球団売却騒動まで持ち上がる始末。弱いからゴタゴタが起きるのか、ゴタゴタが起きるから弱いのか…お家騒動が伝統芸能なF-1のフェラーリチームだって、ここまで酷くは無いぞと言いたくなります。

そんな中、数少ない希望を見せてくれたのが打撃陣でした。これまで期待されていたもののなかなか芽が出なかった石川と下園がともに三割近くの打率を残し、石川は終盤まで盗塁王争いも展開、さらに途中加入した年俸一千万円の格安外国人助っ人、ハーパーの活躍はぶっちゃけ他に望みらしい望みの無いベイファンにとって、数少ない清涼剤と言えました。
ちなみにこう書くとルーキーで防御率三点台でローテを守り通した加賀はどうなるんだと言われそうですが、彼は味方が1点しか取れないときは2点で抑え、味方が5点取ったときには7点くらい取られる人だったので…

来季は何がそんなに良かったのかは全く分かりませんが、日ハムから森本選手がFAで入ってくれましたが同じFAで主力中の主力だった内川選手が抜けてしまいます。また最大の問題である投手陣に手を入れていないあたり、あまり大きな期待はできないでしょう。とりあえず何とか体勢を立て直して、借金20以内で終えてくれれば御の字かと(酷)

ちなみにそんな来季ベイスターズのキーマンですが、やはり色々な意味で村田選手だと思います。今年はどんなに不調でも四番サードの定位置で出場し続け、打線の中に大きな穴を作っていた村田選手、彼が復調すればそれがベスト、もし復調できなかった場合、それはそれで打順なりポジションなりから即座に身を引くことができるかどうか、無論前者の意味でキーマンになってくれれば言うことはないのですが、後者のような事態になった場合に本人として、チームとしてどう動くのか、これが一番のポイントだと思われます。

2010年1月26日 (火)

プロ野球ゆく人くる人

えっと…かれこれ四カ月ぶりくらいの更新でしょうか(汗)
昨年の秋以降、妙にパソコンで文章を書くのが億劫になり、ホームページも留学時代を除いて開設以降続けている、最低月一回の更新も辛うじて維持しているという感じでした。最近はその、原因不明の病(大げさ)もだいぶ改善はされてはきたのですが。

そんな愚痴はさておき今回のタイトルですが、今年のプロ野球シーズンオフ、自分の最も応援していると言える二人の選手がともに移籍をすることになりました。

一人はシカゴ・カブスの田口壮外野手。このブログでも複数回取り上げているので自分が応援しているとご存じの方も多いかと思います。タイトルの『くる人』は田口選手のこと、先日オリックスへの復帰が正式に発表されました。九年ぶりの日本球界復帰です。
田口選手はこの二年間、フィリーズでは出番がなく干され、カブスではマイナー契約のため最終盤までメジャーに昇格することができませんでした。また途中では怪我にも悩まされてしまいました。

そんな田口選手がカブスを自由契約になり何よりも重視したのが日米の区別なく“自分が必要とされているか”ということだったそうです。そして今年、かつては短い期間ですがチームメートでもあった岡田新監督の率いる古巣オリックスに戻ってきました。
今年で四十歳というベテランですが二年契約ということもありまだまだ頑張っていただきたいですし、これまで見ようという気が全くと言っていいほど起きなかった、横浜とオリックスの交流戦なんかも今年は見に行きたいなと思っています。

そして『ゆく人』は横浜ベイスターズの加藤武治投手、2003年に村田修一内野手らと同期で入団、サイドスローなのに150キロに迫る球速を武器に中継ぎメインで防御率2.77と完全投壊状態にベイスターズにあって抜群の安定感を誇り、以後も中継ぎ投手として順調に成長、2006年には(阪神の藤川投手が途中から抑えに回ったこともあり)最優秀中継ぎ投手にも輝きました。川村、木塚、クルーンと並び『クアトロK』という愛称を球団からつけられたこともあります(横浜ファン以外に定着したとは言い難いですが)
個人的にはそれからもどんどん磨きを増し、同じサイドスローな元ジャイアンツの斎藤雅樹投手のようになることを期待していたのですが、この二年は腰の故障などもあり不完全燃焼、少し前に松家投手、関口外野手とともに日ハムへの三対三のトレードが発表されました。

ファンとしてはこの二年の成績から加藤選手がトレードに出されることは正直覚悟はしていました。またトレードが復活のきっかけとなってくれればという思いもありました。
ただ同時に、やはりベイスターズの一員として復活してくれることを最も願っていました。結局一度も、自分が観戦している試合で登板することはありませんでしたし。
ただ、トレードが決まってしまった以上、加藤選手には新天地でぜひ復活して、日ハムの連覇に貢献し、もう一度タイトルを獲ってほしいですし、同時にベイスターズに来た日本ハムの三選手(稲田内野手・坂元投手・松山投手)にも頑張ってほしい、双方のファンにとっていいトレードだったということになってほしいと願ってやみません。

次回のブログでは、自分が好きな漫画の紹介とか書きたいと思います。それもなるべく早く、掲載するようにしたいなと(汗)

2009年9月17日 (木)

おめでとう!田口選手

baseball9月16日、アイオワカブスの田口壮選手がカブスとメジャー契約を結び、シカゴカブスに合流しました。マイナーリーグのシーズンが終了して一週間、本人にとっても意外すぎる昇格です(完全に休養モードで全く調整をしていなかったうえに、球団本部からの電話も見慣れない番号だからと数時間居留守を決め込んでいたら代理人事務所から電話がかかってきたとか)

マイナー契約で今シーズンをスタートした田口選手、シーズン序盤は好調を維持していたもののメジャーでは何年も控え主体だったのがマイナーではレギュラーとしてフルイニング出る生活が続いたこと、加えてこれまでは試合後チャーター便で即移動し、あとは移動先でゆっくりできたのがマイナーは飛行機代の安い早朝便を使うため試合終了後ホテルで数時間休んで朝暗いうちに出発するなどスケジュールの激化も祟り足を故障し数ヶ月離脱、そして復帰後自分の契約ではメジャー昇格が絶対にないということが分かり(これに関しては何年アメリカで野球してるんだと突っ込みたくなりましたが)一気にモチベーションを下落させ、重度の打撃不振に陥ったシーズンとなってしまいました。

そんなシーズンを終えて一週間、シカゴでは故障者続出し、アイオワも元から若手の故障者続出だったため急遽メジャーに呼ばれ、本日からシカゴカブズの田口選手誕生となりました。

これまで退場経験がなく、“初めての退場は自分の引退試合で”と言っていた田口選手、マイナー最終戦も退場していなかったところからまだまだ現役を続ける気は満々のようです。シカゴカブスの一員としての二週間、来季につながる何かを周囲に見せられることを願っています。

とりあえず、福留選手が日記にどんな形で登場するのか今から楽しみですdelicious

田口選手オフィシャルサイト:
http://www.taguchiso.com/