フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「台湾」の記事

2009年5月10日 (日)

台湾出張あれこれ⑥

かなり久々の更新になってしまいましたが、台湾出張紀行の最終回、今回紹介するのはタクシーの運転手さんが故宮博物院のあと連れていってくれた場所、中華民国のために戦った人たちの魂が眠る忠烈祠です。

Photo Photo_2 Photo_4

左が入り口である門の上を撮った写真、真ん中が一番奥にある大殿、右が大殿の中心に掲げられていた額です。ちなみに民国57年は1968年(民国元年が1912年、今でもこの年数の数え方は普通に使っています)、蒋中正は蒋介石のことです。補足すると中華民国を建国した孫文も台湾(&中国)では孫中山という名称が一般的。

また写真は撮影していませんが大殿を取り囲むような石造りの外廊下には中華民国の戦史(清朝との戦い、日中戦争、そして共産党との戦い)について説明した地図つきの解説パネルや戦没者の胸像があり、また亡くなった方の位牌がおさめられている建物もありました。戦いについての説明文は自国兵の勇敢さを讃える論調ではあるものの、他国を貶めるような論調では無かったというのが第一印象。

Photo_5

そして十一時になると衛兵の交代がありました。入り口の門から大殿まで行き、そこで業務の引継ぎ、引き継がれた衛兵さんは膝を直角に上げる行進をして門まで行きます。
近くで見るのも写真を撮影するのも問題ありませんが、当然行進の邪魔はNGです。邪魔にならない程度ならば正面に回って写真を撮ってもよさそうでしたが。

こうして衛兵の交代まで見た後タクシーは一路空港へ。

Photo_8 Photo_9

台湾の空港、あまり大きくはないのですが設備としてはかなりいい感じでした。お土産コーナーで試食できたのもちょっぴり印象的。隣のガンダムは空港内のゲーム&玩具売り場に飾られていたのですが…SEEDのストライク?

Photo_10

あと、空港内の故宮博物院ショップで小さな茶壷を買いました(高さ10cmほど)。なんとなくデザインに惹かれて購入したのですが、家族には
「相変わらずあんたの趣味は分からない」
と言われて…_| ̄|○

以上で自分の台湾出張記は終わりです。おつきあい、ありがとうございました。今度はもう少しのんびりと(できれば遊びで)行ってみたいなあと。

2009年4月26日 (日)

台湾出張あれこれ⑤

台湾の出張、帰国日は3月14日の土曜日でした。当日のフライトは午後一時過ぎ、一応午前中、多少の時間はあります。そんなワケで空港に行く前、朝早めに出かけてちょっとだけ観光してきました。

とりあえず、繰り返し強調しておきますが3月14日は土曜日であり休日です

最初に向かったのは台湾の観光名所と言えば真っ先にその名が挙がるであろう故宮博物院でした。

Photo Photo_3

左は博物院の外観で右はそこから見下ろした風景。建物自体の豪華さと『重み』とかは北京にある故宮に遠く及ばないのは仕方ないのかもしれません。

Photo_4

こちらが博物院入り口の様子です。かなり清潔できちんとしていました。解説テープとかも貸し出していたのですが、時間の余裕もあまり無いのでパス。

博物院は九時開館で十時半くらいまでいました。残念ながら内部は写真撮影禁止なので、展示物の写真はありません。オフィシャルのURLを貼り付けますので、興味がある方はご参照をば。
http://www.npm.gov.tw/ja/visiting/exhibit/exhibit_03.htm

しかし古代中国王朝の様々な展示物には息を呑みました。何千年も昔に、ここまで精緻な工芸品や美術品を作る技術があったのかと感嘆するというのもあります。しかしそれよりも、自分が知っている中国古代の英雄豪傑が目にし、手に取っていたであろう物(と同時代の物)が今自分の目の前にあるという、歴史上の人物と同じ時間を共有しているような感覚の方で感慨深いものがありました。ちなみにそういう感覚を一番強く感じたのは大学時代、黄河に行ったときです。

ちなみに中国関係の展示物で個人的に一番好きなのが青銅器、あとは彫刻系、青磁や白磁なんかも好きですが、書画はよく分かりません(汗)二次元よりも三次元です(かなり色々と問題のある言い方)

あとは多宝格という小物入れが面白いなと思いました(写真と説明は下記URL参照)
http://www.npm.gov.tw/exh96/imperial_collection/subject01_ja.html

展示されている多宝格の中で一つくらい、秋葉原で売っているような美少女フィギュアとか入れておいて展示したらとか、くだらないこと想像して。
いや、実際タイムマシンがあったとして、清朝の貴人にそういうフィギュアプレゼントしたら、たぶんすっごい喜んだと思いますよ?

開館と同時に入った博物院、最初の3、40分はじっくり見学できたのですが後半にはすでにかなりの人だかりができていて駆け足の見物になってしまいました。次回はもう少し、じっくり見学したいなと。

Photo_5

最後にオマケ、『トリビアの泉』でもネタにされた、台湾の非常口サインです。一応、日本と同類デザインのもあります。

台湾出張ネタ、とりあえず次回で一区切りの予定です

2009年4月14日 (火)

台湾出張あれこれ④

珍しく(と言うか開設以来初めて)の二日連続更新。本来ブログってホームページと違って、頻繁に更新してナンボだと頭じゃ理解しているのですが(汗)

しかし横浜、ここ四試合は三勝一敗でついに5位と1ゲーム差になっちゃいましたよ。それでも「去年も広島ヤクルトにはそこそこの勝率だったし」とか「次の阪神戦が」とか考えてしまうので、訓練された横浜ファンなのですが。て言うかその一敗に限って、スタジアムで目撃しちゃうし。

…という戯言はさておき、そろそろ本題に入ります。

ここまで台湾について書くこと三回、目下ベタ誉めで、日本と比べて違和感無さ過ぎてかえって異国情緒が無いと書いていた台湾、しかしそれでもやっぱり外国、個人的に「ちょっと待ってみようか」と思った看板を、写真をまじえて二点ばかり紹介したいと思います。

Photo

前回同様、西門で見かけた日本風ラーメン屋さんの看板。マスコットキャラが鎧を着ているのはともかくとして、看板にでかでかと『佐野(栃木)ラーメン』と書かれています。が…

Photo_2

看板の一番目立つところ、一番のオススメとして書かれているのは北海道味噌ラーメン!
謝れ!栃木の人に謝れ!!(笑)

そしてもう一つなのですが、前回の麺を食べたあと、まだ小腹が空いていた自分は軽くつまめる物は無いかと探していました。そこで見かけたのは揚げたてのコロッケ、サクサク熱々のコロッケをかじりながらの散策も悪くないと一瞬思いました。が…

Photo_3

見るな!そんな顔でこっちを見るな!!

…いや、マジで教えてほしいんですが、台湾人にとって『頭をかじられて涙目でこっちを見つめるコロッケ君』は購買意欲をそそられるイラストなのでしょうか?自分には
「ごめん、君を食べようなんて思って悪かったよ」
という自責の念しか起きなかったのですが。もしこのイラストが購買訴求力があるとしたら、日本人と台湾人の間にある心の溝は、自分が思うよりも深いのかもしれません。

ちなみに自分が日本で見た、一番シュールな食品のCMは『擬人化した牛の親子がビーフカレー片手に踊ってる』カレーのCMでした。youtubeで軽く調べても見つからなかったのが残念ですが。

2009年4月13日 (月)

台湾出張あれこれ③

前回の台湾ネタから半月ほど空いてしまいましたが三回目、今回は台湾の繁華街を紹介したいと思います。

木曜日の夜、台湾子会社の人に案内されて地下鉄に乗り二駅、西門という場所に行きました。

Photo_5 Photo_6

台湾の中心部でも事務所の近くとかはわりと暗い場所が多いのですが(話によると、以前は必要以上に華やかで、車道まで突き出した看板が交通の妨げになったりしたので制限がかかったらしい)こちらの繁華街はかなり賑やか、漢字が繁体字ということもあって香港あたりにかなり近い印象を受けました(どっちが先かは知りませんが)

Photo_7

到着後、まず最初に食べた麺類。麺は日本の冷麦のようで「煮麺(にゅうめん)」に近い印象。ダシは鰹節系で具はホルモン、上に載ってるパクチーはお好みで。
お値段一杯40台湾ドル(約120円)、ちなみに箸はありません。カウンタやテーブルもありません。皆さん小さいプラスチックのレンゲだけで、実に器用に食べていました(慣れないと確実に犬食い)

そして食べ終わった後は地面に置いてあるバケツに容器を戻すのですが、食べていた人全員きちんと戻してます。レンゲは隣のゴミ箱に捨ててます。道を歩いていて女の人にぶつかると、向こうから「すみません」と謝ってきてくれました。
この後ジュースを買ったのですが、ジューススタンドのおじいちゃんとか、こっちが日本人だと分かると速攻でとても感じの良い日本語に切り替えます。なんていうか、台湾ってすごく民度の高い国なんだなあと(どこと比べてとはあえて言いませんが)ぶっちゃけ惚れます

Photo_8

最後に、街で見かけたアニメグッズ店の中の様子。漫画のタイトルが全部漢字で書かれていたこと以外、日本の店と変わらないように思えました。あまりにも同じすぎて、お土産として笑いの取れるものもなかったのですが(笑)

2009年3月28日 (土)

台湾出張あれこれ②

数日あいてしまいましたが、台湾出張記の二回目です。

今回の台湾出張はローカルスタッフへの製品などについての研修を行うことがメインだったので、月~土のうち水曜以外は全部事務所内にいました。実施時間は朝の九時から夕方の五時半くらいだったのですが、当然昼になれば昼食に行きます。

Photo






お昼はこういったオープンテラスな所で食べました。オープンテラスと言うよりただの道に椅子とテーブルを並べただけという気もしますが。写真左の部分、屋根がある所で調理をして、客は道に並べられたテーブルで食事をする、という感じです。

Photo_2






そして食事の一例がこちら。ご飯にほうれん草やモヤシを炒めとろみをつけたもの、それに目玉焼きと豚カツが乗ってます。これにスープとお茶がついて、お値段70台湾ドル(約210円)、味の方も十分美味しかったです。他の日だと水餃子だったり豚カツじゃなくて豚肉の炒め物が乗っているものだったりといったものを食べてました。

また写真は撮っていませんが、近くにセブンイレブンもありました。売ってるものがかなり日本と同じでしたが(台湾ローカルのコンビニは、売ってるものの感じ違いました)

2009年3月22日 (日)

台湾出張あれこれ①

下で中国古代史が好きで大学も東洋史専攻だったと書きましたが、そんなこともあって仕事でも中国と関わることはかなり多い人生を送っています。具体的に言うと
北京:学生時代に半年留学
上海:半年間の長期出張
広州:駐在員として三年間
その他旅行で洛陽・大同・西安・香港・マカオ、短期出張で大連なんかにも行っています。そして、上記全部について書いてるわけではありませんが、ホームページの方でも中国その他について、色々と書いています。
http://homepage2.nifty.com/psclub/KAIGAI.htm

しかし、中国共産党による呪いでもあるのか、台湾にだけは生まれてこの方、訪問する機会がありませんでした。行こうと思うと、何らかの都合で取りやめになるということが三回ほどあって。そして09年の3月9日から14日までが、出張で初の台湾行きとなったのです。

ブログで仕事内容については書きませんが、台湾の簡単な印象などについて書いて行こうと思います。とりあえず下の写真は、ホテルの部屋から見た台北。台北駅のすぐ近くです。Photo_3