フォト
無料ブログはココログ

2018年4月22日 (日)

目下好調のベイスターズを振り返って

>タイトル
プロ野球開幕からもうすぐ一ヶ月、まさかベイスターズがこんなに好調な開幕を迎えられるとは、予想だにしていませんでした。

去年の先発陣で勝ち星トップ3だった今永、ウィーランド、濱口の全員が怪我で開幕絶望、代役はルーキーやこれまで未勝利の投手、それに独立リーグからの復帰組と、まあ三本柱が戻ってくるまでは借金5くらいで収まってくれれば上出来すぎるくらいだと思っていたのが、まさか広島と首位争いをしていようとは…しかもチーム防御率と盗塁数がセリーグトップ、これまで過去数年で何度か調子の良い時期はあったものの、どちらかと言うと投手陣はダメな中を打ち勝って行くパターンだったので、これまでとは全然パターンが違います。

思えば2000年代、親会社がTBSだったときは本当に暗黒時代でした。5連敗、6連敗は当たり前、連敗が3で止まるとずいぶん早く止まったなと思い、シーズン終盤まで3連勝が1度も無かったシーズンもあり、借金の数はもはや笑うしかないレベル。某大手掲示板でこんなコピペがあっても、それにただただ頷くのみでした。

●試合は負けるものだと思って観戦する
●一試合にいいところを一つでいいから探す
●試合に勝とうが負けようが監督の謎采配を受け入れる
●勝った日は野球ニュースをはしごしこれが最後かもしれないと噛み締めながら観る
●そのうち超大物の助っ人外人(白薔薇の再来)が入団してくるハズだと信じる
●相手エースが先発の日はいさぎよく負け試合を確信する
●若手(石井琢二世または和製クルーン)の成長を何よりの楽しみとする
●どうしても辛くてガマンできないときは98年日本一のビデオを観る
●毎週月曜日は「今日は絶対負けない日」と心穏やかに一日を過ごす
●チームが負けている時、巨人戦中継を見て負けているのを見て自己満足をする。

最下位は当たり前、三年連続90敗以上、シーズン終盤になるとあと何勝何敗ペースなら100敗を回避できるのか真面目に計算、内川の打率がチームの勝率を上回るなんてこともありました。
…諦めが悪くズルズル引きずる性分ですが、よくファンを止めなかったなとちょっと思います。

それが親会社がDeNAに代わり、チームの再建が始まってはや6年、よくぞここまで上がってきてくれたと、つくづくそう思います。
そして同時にここ数年のベイスターズは、1つの人生教訓を与えてくれました。それは何かと言うと

堕ちていく先に底なんて無い

という事実です。

一度落ち目になったときにこんなことを言う人がいます
「いっそとことん落ちた方がいい」
「その方が膿を出し切れる」
でもはっきり言えます。

そんなのは幻想だと

ベイスターズは結局TBSが親会社でいる間、ずっとどん底から抜け出すことはできませんでした。数年の例外を除き、ずっと最下位を走り続けました。膿はどんどん溜まり、それを出し切って上昇気流に乗るなんてことはできませんでした。

組織でも個人でも、ダメだと思ったらそこで全力でブレーキを踏み、アクセルをふかす、そうしないと上がって行くことなんて出来ない、堕ちていく先に勝手に底を打ってくれるなんてことは決して無い。それが現実なんだなと。

…とまあ、最後は何か重いうえにまとまりの無い話になってしまいましたが、とにかくベイスターズにとって今年は20年ぶりの優勝のまたとないチャンスだと個人的には思っております。

自分は基本アメリカにいるのでスタジアムに応援に行くことはできませんが、何とか混戦模様のセリーグを勝ち抜いて、優勝目指して突き進んでほしい、今はただそう願ってます

2018年4月 9日 (月)

大谷選手の本拠地初登板

それは一昨日(4月6日の金曜日)のことでした。

スポーツニュースで「大谷翔平選手、4月8日の試合で本拠地で投手として初登板」というニュースを目にしたのは。

この記事を見たとき、ちょっと迷いました。観に行こうかなあ。でも投手だとなあ。前回はそこそこ好投したみたいだけれど、炎上したら悲しいものがあるしなあ。うん、そうだ。今日の試合の第一打席でホームランを打ったらチケット買おう。ハハハ、まあ、打者として出場した前の二試合でホームラン打ってるけどいくらなんでも…

カキーン

( ゚д゚)


ほ、ホントに打っちゃったよ…まさか自分の声が聞こえた???(自意識過剰です)

と、そんなことがあって本日、エンゼルスの試合を観に行ってきました。

P4080475

スタジアム外にある看板の写真です。もちろん他の主力選手(プホルスとかトラウトとか)のもありました。そういうスター選手達と同じ扱いなんだなあと。

P4080476

スタジアム一階にあるグッズショップの前にて。完全に個人のコーナーが作られています。
自分自身エンゼルスの試合は過去に数回観に行っているのですが

こんなに日本人が多い日は初めてでした
でもスタジアム全体を見渡すと白人さんでも大谷選手のレプリカユニを着ているひとが結構多かったのが嬉しかったところです。もうみんなに受け入れられているんだなあと。
P4080479

試合開始前、オーロラビジョンにて。スタメン発表のときです。ちなみに試合に行く前も個人的には

「夢は7回5安打無失点。まあ、そんなのいくらなんでも都合よく考えすぎだよねえ」
とか考えていたのですが、
結果は7回1安打1四球で無失点。6回まではパーフェクトでした

…もうね、なんて言うか、言葉が出ないです。7回とか観ている方がドキドキしましたし。
とにかくすごいとしか言いようがないです。オープン戦で不振だったときも通用しないハズは無いけれどまだアジャストに時間が必要なんだろう。けれど商業主義で振り回されて気の毒に、とか思っていましたし。なんて言うか、日本ハムにいたときに

「指名打者で出場して優勝を決める決勝点を打った次の回にDHを解除して登板して胴上げ投手」

っていうのを見たときからマンガの世界から出てきた人なんじゃないかとか、競技が違うけれどあらゆる意味でリアル大空翼って大谷選手のことを言うんじゃないかとか思ってはいましたけれど、まさかこれほどまでとは…

とにかくまだまだシーズンは始まったばかり。大谷選手には故障に気をつけながら、メジャーリーグでも二刀流として大暴れしてもらいたいところです。

2018年2月 5日 (月)

寿命が縮む招待状

今日は日曜日(アメリカ時間)。そういや最近全然郵便受け見てなかったなーとか、公共料金の支払い用紙がそろそろ入ってる頃だなーとか、そんなことを考えながら郵便受けに。チラシの山に紛れ込んだ封筒を選り分けていると、見慣れない封筒が一通ありました。

OFFICIAL JURY SUMMONS ENCLOSED

( ゚д゚)
((;゚Д゚)
(lll゚Д゚)

ちょ、ちょっと待って?なにサモンって?サモンって日本語に訳すると召喚ですよね?女神転生デビルサマナーとか、左門くんはサモナーとか、そういう漫画やゲームの、いわゆる悪魔召喚的な物でしか見たことないんですけど。ああそういや大学生のときデビルサマナーやってて、テレビ画面にSUMMON OK!ってフレーズが出たとき父親に「裁判所のゲーム?」って聞かれたなあ。いや違いますお父様、あなたの息子が裁判のゲームにハマるのは、10年くらいあとの話です(逆転裁判は4以外コンプリートしてます)

て言うかOFFICIAL???政府とか警察とか裁判所とかそっち系?あ、封筒の左上にCOURTって書いてあるから政府や警察じゃないな。いや、どっちにしてもそんなとこから召喚されるようなことは絶対ないように、細心の注意をはらいながら三年半過ごしてきたんですけど???いやいやそもそもJURYって何?聞いたことないんだけれどその単語!?

・・・とりあえず落ち着こう、まだ慌てる時間じゃない(仙道彰)。5日以内に返事しろと封筒に書かれているけれど。大丈夫。まだきっと、間に合う(立花瀧)。

とりあえずパソコンを立ち上げてスペースアルクでJURYを検索。

陪審員って意味でした。


日本の裁判員制度でお声がかかったことも一度もないのに。さらに日本語も交えてグーグル先生にいろいろ聞いてみるとこんなことが書いてありました

・選定と発送は完全ランダムであること
・無視したらきっついペナルティがあること
・仕事を理由に断れないし、会社も陪審員で仕事に穴を開けたことで社員を罰せないこと
・選ばれた人間はさらに実際に会って、適格な人物か検査にかけられること
陪審員はアメリカ国籍を持っていることが条件であること

…とりあず自分は、そもそも対象外みたいです。もっともそれを証明するための書類か何かが必要になるみたいですが。たしかに用紙に書いてある質問事項、アメリカ人かどうかの確認が真っ先に来ています。

まずは明日、総務に相談ですかねー

2017年11月21日 (火)

人生初の体験でした②

さて、そんなこんなで普段じゃ絶対に経験できない国際線のビジネスクラスに乗れたワケですが、もちろん食事の内容もエコノミーとは全く異なります。

Photo  Photo_2  Photo_3

参考画像:帰り道のエコノミーで食べた食事。左から夕食、軽食、朝食。夕食は豚肉のハンバーグ。これはこれで十分美味しかった。
朝食はあんまりお腹が空いていなかったからとベジタリアン向けの麺というのを頼んだのですが、けっこうクドかった…でも、全体的にロサンゼルスからサンパウロに飛ぶときに食べたのよりはずっと美味しかったです。競争相手が多いからなのか、日本のケータリング工場から仕入れたものだからなのか、それともその両方が理由なのか…

そしてこれらの料理は全部、通路をカートでガラガラと押してきて、ビーフ・オア・チキン?みたいな感じで聞いて、そして出してくれるというのがエコノミーのスタイルなのですが…

ビジネスだと先に注文を聞いてきます

そして配るときも一人ずつ配っていきます、挙句、前菜、メイン、デザートと分かれています。こういうところでも、ちょっと感動。

Photo_4

まずは前菜。キヌアとマンゴ、野菜のタンバル(わさびマヨネーズ、ジンジャーピクルス、シラントロ)←メニューをそのまま書き写しているので、何が何だかは分かっていません。
パンはバスケットに数種類入れて持ってきてくれます。食べなかったけどおかわり自由。

Photo_5

メインディッシュは魚料理。鯛のハーブクラスト焼き。他の選択肢はショートリブ煮込み、放し飼い鶏のグリル焼き、ほうれん草のラビオリ。

Photo_6

デザートはラズベリータルト。他の選択肢はアイスクリームサンデーやチーズの盛り合わせ(デザートと言うよりもツマミ?)。コーヒーカップもプラスチックではなく陶器製。

Photo_8

途中で出てきた軽食はお蕎麦とフルーツ

Photo_9

朝食は朝っぱらからトンカツにカレーソース

Photo_10  Photo_11  Photo_12

それでもまだ足りないという人には、通路の途中にプチケーキやヨーグルト、一口サンドなんかもご用意しています。ご自由にお召し上がりください!

…とまあ、とにかくエコノミーに比べて中身も豪華なのですが量も多いです(ちなみに空の上で食あたりなど起こされては困るということで、刺身類は一切出ません)。
勿体無いの精神もあって出された食事は残さず平らげましたが、ちょっと頑張りすぎた…帰国後の夕食時まで胃もたれ残っているような感覚がありましたし。あ、あと離陸直後にミックスナッツ出してくれたり、離陸前にウェルカムドリンクを出してくれたりもします。

ただ、そんなビジネスクラスですが、だからエコノミーと違って体力の消耗ほとんど無し!ホテルのベッドから起きた直後のように自由に動き回れるぞ!なんてことはなく、やっぱり長時間のフライトなので疲れるものは疲れます。寝るとき座席がフルリクライニングになったり、トイレで並ばなくちゃいけないことが少なかったりと助かる部分はとても助かるんですが。

だからもしもまた、こういうチャンスがあったとしても…うん、それでもたぶん選ぶだろうなあ。今度は前より迷いなく。何十万円ものお金を出してとまでは思わないけど。

ちなみにJALのマイレージ登録は残念ながらエコノミー扱いでしたcoldsweats01

2017年11月15日 (水)

人生初の体験でした①

ご存知の方はご存知と思いますが、先月の28日から11月の13日まで、日本に帰っていました。日程的には半月以上あってアメリカに行ってから過去最長の一時帰国だったのですが、研修あり、そこから更に愛媛への出張ありで、過去5回の一時帰国の中で一番慌ただしい旅だったかもしれません。これは、そんな一時帰国への帰り道での出来事です。

朝の7時すぎにロサンゼルス国際空港に到着、今回使うのは往復500ドルちょっとと他社に比べて異常なまでに安かったアメリカン航空です(他は800ドルくらいしました。年末年始とかだと1500ドルくらいします)
ターミナルビルに行き、セルフサービス用の端末で搭乗手続きをしていると、液晶画面にあるメッセージが表示されました。

550ドルでビジネスクラスにアップデートできます。変更しますか?

「………」

一瞬本気で、ものすごく考えました。迷いました。550ドルは大金です。国内なら一泊二日の温泉旅行が新幹線代込みでできる金額です。プレステ4だって買うことができます。12時間のためにそれを費やすのかと。て言うか550ドルって金額、微妙にエコノミーの往復運賃より高いじゃないかと。

でも同時に迷いました。平社員の自分は当然移動はエコノミーです(今回の一時帰国も会社が費用を負担しています)。そんな自分が自腹でビジネスクラスに乗ろうとしたら、往復でですが4000ドルくらいは取られるでしょう。それが片道と言えど550ドル、ある意味7分の1以下の金額で体験することができる!これは非常にお得なんじゃないかと。

ちなみにファーストクラスは1万ドルくらいします

ともかくそんなことを、待っていると端末の手続きがキャンセルになるんじゃないかとドキドキしながら体感時間で数分間、実際はたぶん1分くらい考え込んだ挙句

自分の指はYESボタンを押していました

選ばず後悔するくらいなら選んで後悔しよう、どうせ死ぬなら前のめりです(大げさ)




Photo  Photo_2

搭乗すると自分を待っていたのは全席通路側に配置された大きなボックスシートでした(1列に4席、ちなみにエコノミーは1列に10席あります)。

いつもは羨望の眼差しで一瞬素通りするだけだったこの椅子が、今回の自分のシートです。そして写真は撮っていませんが、上部の荷物入れも各席につき1つあり、これにも感動。もう1つの荷物入れを3、4人で早い者勝ちで奪い合わなくていいんだ!挙句に他人に間違えて荷物を持ってかれたりする心配をしなくていいんだ!すごいよう、VIP待遇だよう、嬉しいようと小市民全開な感動に、座席につく前から浸っておりました。

Photo_3

ご参考までに帰りの便で乗ったエコノミー席。これでもちょっぴり追加料金払って、足元広くしています。

※ちなみに実際に手荷物間違って持ってかれたことはあります。よりによってメキシコシティで。おかげで次の飛行機乗り遅れるし…

なお、自分がYESボタンを押した時点ではまだいくつかビジネスクラスに空席はありましたが、搭乗完了したときには全席埋まっていました。どうやら自分と同じ選択をした人は多かったようです。はやめに空港についていて良かったなと。

次回は機内食を紹介します。

2017年10月26日 (木)

ブラジルに行ってきました④

8月に行ってきたブラジル出張、後半に訪れたのはブラジル北部、日系企業の工場が多く集まるマナウスという都市でした。サンパウロからは直行便で3時間半ほど。うん、やっぱりブラジルって広いです。

Photo

行きの飛行機の座席。普通に会社が懇意にしている旅行代理店で頼んだだけなのに、なぜかビジネスクラスでした。面白い形の座席でしたが、思いっきり足を伸ばせたのは助かります。でもまあ、どうせ座れるんだったらもっと遠距離のときに(ワガママ)。

Photo_2

飛行機の窓から撮影。これ、海じゃないです。川です。世界最大の河川、アマゾン川。マナウスはアマゾン川観光の玄関口でもあります(と言うか、世間的にはたぶんこっちの方が有名)。熱帯雨林の代名詞とも言えるアマゾン川流域、セーターかトレーナーがほしかったサンパウロと違って半袖で十分過ごせる蒸し暑さでした(それでも夏に比べると涼しいそうですが)

P8180041

ホテルのベランダから臨むアマゾン川。うん、やっぱりデカい。て言うか海にしか見えない。

P8180067

そして川沿いにあったボートハウス(セスナハウス?)。きっとこのセスナを使って、上空からの観光とかをするんでしょう。

しかしロサンゼルスからサンパウロに来て、さらにマナウスまで来ると本当に、さらに遠くまで来ちゃったんだなという感覚はありました。お客様の話を聞いても、日本に帰るときはアメリカ経由より安いからということでドバイ経由で帰るときもあってその場合、乗り継ぎ時間とか日本に帰ってからの国内線の時間も含めて40時間くらいかかるとか、日本のカップラーメンはどうにか手に入るけれど1つ千円くらいするからサンパウロに出張したときに買い込むとかそういうことを言われてましたし。

なのでお客様にはぜひ、うちの工場に見学に来てくださいとお話しました。ついでにクルマを出しますので日本食買い出しツアー行きましょうと。大歓迎させていただきますので。

ブラジルの出張紀行はだいたいこんな感じです。さすがに観光旅行で行ったペルーみたいな長編にはなりませんでした。

しかしここまで来たらいっそのこと、アルゼンチンまで年末旅行で行ってみようかなと思うときもあるんですが、ブラジル以上に何が見どころなのか分かんないんですよね…イグアスの滝とか地球で最も南にある都市とか、興味が無いことはないんですがそれだけのために支払うには、参加費さすがに高いので。

2017年10月25日 (水)

そして下克上

そして、そんなマナウスについて書く前に、やっぱりこれには触れときたいです。

横浜ベイスターズ、日本シリーズ出場決定!

いや、まさか勝てるとは正直あんまり予想していませんでした。広島にはセリーグのチームで唯一勝ち越していたし、相性は悪くないと思ってはいましたけれど。

試合内容を見て驚いたのがシーズン中は頑固とか意固地とも言われかねないくらいに選手を固定して使っていたラミレス監督がクライマックスシリーズではガラリと用兵を変えてきたということ。きっと真正面から戦うのではなく策を使ってということなのでしょうけれど、そうした監督の立てる策をきちっと実行できるだけの能力が、今のベイスターズにはあったということなんでしょう。選手にその力が無いと、どんなに監督だけ有名ドコロに替えたところでそれでチームが急に強くなるわけでもないですし(森監督時代のベイスターズとか)

しかし早速日本では議論のタネになっているみたいですね。首位と14.5ゲーム差も離されていたチームが日本シリーズ出場ってどうよということで。2010年、ロッテが3位からの下克上成し遂げましたけど、あのときは首位のホークスと2.5ゲーム差しか離れていないという史上稀に見る大激戦でしたし。

でも、これがルールである以上仕方ないなと思います。逆の立場だったとしても、何やってんだよとは思うでしょうけどルールどうこうは言わないだろうなと。

なお、今年のベイスターズの成績自体チームの歴史全体でも屈指の成績です。どれくらいレアケースかと言うと

・シーズン終了時に貯金があるのは2001年以来です
・シーズン終了時に貯金が8あるのは優勝した98年以来です
・て言うか67年の歴史で貯金があったのは12回目です
等々

NPBのウェブサイトにあるチームの通算成績 を見てみると、ベイの歴史ってホント、負の歴史が多かったんだなと思います。ジャイアンツより勝ち試合の数は1800くらい少ないのに、負け試合の数は700くらい多いし。

とにかく週末からはホークス戦。相手は間違いなく、12球団最強のチーム、それを相手にどんな戦いを選手たちが見せてくれるのか、とても楽しみにしています。

ブラジルに行ってきました③

前回のネタから2ヶ月ほど空いてしまいましたが、ブラジル出張記の3回目、今回はブラジルで食べた料理について少し書こうと思います。

Photo

ブラジルのお昼ごはん、毎食だいたいこんな感じのものを食べてました。ブラジルのお昼はブッフェスタイルのものが多いみたいで、お皿の上に食べたい分だけ載せて、ハカリに乗っけてその重さで代金を払って食べるというのが基本スタイルのようでした。お店の方からみたら、効率の良いシステムです。

Photo_2

ブラジルに行ったら食べたいと思っていた食材たぶんナンバーワンだったアマゾン川の川魚、ピラルクー。ええ、あれです。ストリートファイター2のブランカステージで吊るされているあの魚です。味はわりと淡白な白身魚。でも身は引き締まっていて歯ごたえはかなりあります。

Photo_3  Photo_4

そして自分がピラルクーを頼んだかたわら、ローカルスタッフの人と代理店の人が食べていたのはタンバキという、完全に初耳の魚でした。こちらもアマゾンの白身魚。
なお、右の写真でゴハンのまわりでトグロ巻いてるのは揚げバナナです。

ちなみにピラルクーやタンバキがどんな姿をしている魚かということにつきましてはこちらをご参照ください 。て言うか、こんなことも書いてるんだアマゾナス日系商工会議所…手頃な写真がこんなところにあるとは予想しなかった。

473

そして最終日、空港で食べた晩御飯。ソーセージ定食。

と、とりあえず目ぼしい食事をいくつか並べてみたいんですが、総じて言えたのが塩味がキツすぎ。正直ちょっと、ここの食生活をずっと続けろと言われたら厳しいものがあるなと。サンパウロだったら日系食材店もあるので、自炊で生きていくこともできるでしょうけどそれ以外の場所だと厳しいなと。あと、ピラルクーにしてもタンバキにしても、あれで醤油と大根おろしがあればとも。日系人多くて、主食にお米もそれなりに普及しているんだから、醤油だって普及していても全然よさそうなものだと思うんですが。

あ、でも写真撮ってないけれどホテルの朝食に出ていたチーズパン(ポン・デ・ケージョって言うらしいです)はかなり美味しかったなあと。ウィキペディアにも項目があるくらいメジャーみたいだし

また、残念ながらブラジルの焼き肉、シュラスコは食い損ねました。

次回はラスト、もう1つの目的地マナウスについてちょっと書こうと思います。

2017年9月28日 (木)

これは想像の斜め上…

ネタの三連投、最後は本日ヤフーのトップにもネタからです。

………いや、予想はしていましたよ?

当然ありうるだろうなと。むしろやらなかったら、そっちの方が驚くなと。

今の映画界、コンテンツの枯渇とスポンサー集めが大変なのは分かってましたし。

けどね…うん、けれど…

ハリウッドだとは思いませんでしたよ

ええ、「君の名は。」です。

「君の名は。」がハリウッドで実写化されます

日本の映画界からは絶対オファー来ているんだろうなと思っていましたけれど、まさかアメリカさんからとは予想しませんでしたよ…

人種とかどうするんだろう。瀧はやっぱりニューヨークあたりに住んでる白人なんだろうな。三葉は日本だと巫女だからネイティブアメリカン?なんて言うか、やっぱりものすごく不安はあるけれど色々と妄想したくはなります。公開がいつになるのかは全くわかりませんけど、されたらされたでとりあえず観には行くんだろうなあ…飛行機の機内上映含めて、けっこう何度も観ているし

とりあえず、続報楽しみに待たせていただこうと思います

興味深い試み

連投。全部で3つほど写真なしで記事書きます。

数週間前の週末、家の目の前の通りでワインウォークというイベントがありました。どんな内容かと言うと

・受け付けで50ドルくらい払うとワイングラスと地図付きスタンプカードを渡される
・地図に載っているお店に行くとグラスワインが一杯もらえる(最大12杯まで)
・お店にはツマミも置いてある。
・ツマミはカールみたいな駄菓子だけだったり、わりと凝ってるケーキがあったり、スーパーで買ったサンドイッチみたいなお腹にたまる物があったりとお店次第

というものでした。
このイベント、何が興味深かったかというとレストランの参加がゼロということでした。チーズやお菓子を売っているお店もいくつか参加しているんですが、ほとんどが雑貨屋さんや玩具屋、美容院など普段全く食品を扱わないお店ばかり。中には酸素カプセルみたいなのを置いているクリニック的なところもありました。

こういうお店、普段は多少興味があったとしても多くの人に素通りされそうなお店もワインと食べ物があってオープンになっていたらちょっと入ってみたくなる。そしてそこで(酔っぱらい相手っぽくはなりますが)お店の人は自分の店の紹介をして普段どんなことをやっている所なのか、ご近所さんに話を聞いてもらうことができる、そういうイベント。

これ、日本でも商店街の人が各店それぞれ種類を分けて日本酒を置いて…みたいな感じでやれば、けっこう面白いイベントになるんじゃないかなと。

どこか、試してみませんか?アイデア料はいただきませんので(←当然だ!)

«テレビで北斎北斎言ってると思ったら