フォト
無料ブログはココログ

2019年4月16日 (火)

自分にとってはある意味象徴

アメリカ、ロサンゼルス界隈の博物館にある、この国ならではの
乗り物を紹介するこの企画、三回目は飛行機です。
これまではスペースシャトルだのタイムマシンだの、現実に搭乗
できる可能性がゼロな乗り物ばかりでした。今回はそれらよりは
はるかに現実味のある乗り物を紹介したいと思います。

P4060557

合衆国大統領専用機

エアフォース・ワンです

いやまあ、アメリカ大統領はムリでも総理大臣にでもなれば
乗れることもあるでしょうから(普通それをゼロと言います)。

P4060505

この飛行機が展示されているのは家からクルマで1時間ちょっと、
シミバレーという丘の上にあるロナルド・レーガン記念図書館と
いう施設です。

P4060504

丘の上ということもあり、もちろん見晴らしも素晴らしく、当日
多くの人が詰めかけていました(なお、駐車場はわりと狭いので
早めに来ないと麓にクルマを停めて軽い山登りをするハメになり
ますのでご注意を)

P4060536  

第40代アメリカ合衆国大統領ロナルド・レーガン、30年以上
前に自分が初めてアメリカを訪れたときの大統領が彼でした。
そのため今でも自分にとっては最もアメリカの象徴と言える人物
です。同時に比較的親日的な政治姿勢と、いかなるときもユーモア
を忘れないその性格とメンタルの強さから、個人的に一番好きな
大統領でもあります。トチ狂ったストーカー(ジョディ・フォスター
をストーキングして「大統領を暗殺すれば有名になって彼女と肩を
並べられると思った」と考えた)に狙撃されて、肺に弾丸が入って
いる瀕死の状態で手術の執刀医に

"I hope you are all republicans"
(君たちがみんな共和党員だといいんだがねえ)

と言って和ませるとか、どう考えても普通じゃないです。
それに対して

"Today, Mr. President, we are all republicans"
(今日我々はみんな共和党員です)

そう返して執刀医も半端ないとは思いますが

ライブラリと言っても基本的には博物館、内容の多くは大統領の
功績を称えるもので(当然と言えば当然ですが)、上記の専用機
以外にもいろいろと興味深い展示物がありました。

P4060534

ドイツから寄贈されたベルリンの壁の一部とか(東西ドイツの統一
はレーガン大統領の時代でした)

P4060550  P4060551

館内に再現されたホワイトハウスの執務室なんていうのはその
代表的なものだと思います。

P4060585

また飛行機以外にも実際に使われたリムジンも展示されていました。

施設の性格上、先に紹介した2つよりもはるかに政治色が強いため
ある意味人を選ぶ場所かもしれません。
けれども大統領専用機なんてそうそう見れるものじゃないですし、
丘の上からの眺めもなかなか素晴らしいので、行ってみる価値は
十分だと場所だと思います。

余談:昨年ブッシュ大統領(お父さんの方)が亡くなったときに
改めてカウントしてみたのですが、自分が幼稚園のときから数えて
アメリカの大統領って6人しかいないんですよね(レーガン、
ブッシュ父、クリントン、ブッシュ息子、オバマ、トランプ)。
日本の総理なんて18人もいますけど

2019年4月15日 (月)

こちらはまだ4月14日です

5年前の今日この日、自分はアメリカに赴任しました。
そのときはまさか5年もいることになるとは思っておらず、少なくとも
2年はいたいなあとしか考えていませんでしたが、過ぎてしまえば
あっという間という感じもいたします。あちこち旅して、色々な経験を
させてもらって、たぶん一応それなりには会社にも貢献できてと、
そんな5年間でした。

それはともかく

ロサンゼルスで見ることのできる乗り物シリーズ、第二回として紹介
したいのはこちらになります。

P4020414

タイムマシンです

いやまあ、もちろん本物のタイムマシンじゃないですけど(そんなの
地球上のどこにもないですし)。ただ、これは映画で使われたクルマ
という意味では本物だそうです。

デロリアンDMC-12、社長がコカイン所持で逮捕されたり(無罪判決)
車体にカラーリングが施されずにステンレスそのままだったり、色々
負の話題が多いクルマですが、しかしバック・トゥ・ザ・フューチャー
にてタイムマシンとして使われたことで、未来まで人々の心に刻み
こまれた一台でした。

P4020416  P4020415  P4020417_1

ほかのアングルからも何枚か。

これが展示されているのはピーターセン自動車博物館。おそらく
30年前にも学校の遠足で1回行っているハズの博物館です。
内容は名前の示すとおり古今の自動車を展示。デロリアン以外も
映画で使った車両はいろいろと展示しています(カーズの車両とかは
元がCG映画なのでもちろん「本物」ではないんですが)

P3160420  Ncm_0203  P4020424

またポルシェとけっこう繋がりが強いらしく、ポルシェのレース車両も
かなり充実していました。個人的に初めて見れて感動したのは
ポルシェ959。
かつてパリダカールラリーを制覇し、タミヤからラジコン化もされた
車両です

P4020454  P4020455

家からはクルマで小一時間。自動車好きにはかなりオススメできる、
そんな博物館を今回は紹介しました。次回はスペースシャトルだの
タイムマシンだのに比べたら現実味のある乗り物を紹介したいと
思います

2019年4月12日 (金)

久々に記事を書こうとしたら

なんだかココログのレイアウトが思いっきり変更になってて焦り
ました…まあ、全然書いていなかった自分が悪いのですが💧

気を取り直して今回から目標は1週間以内に3回投稿で、ロサン
ゼルスで見れるものについて書いて行きたいと思います。

ロサンゼルスの観光地、思いつくものと言ったら

・ディズニーランド
・ユニバーサルスタジオ
・ハリウッドサイン
・ドジャースやエンゼルスの野球観戦

あたりが出てくると思います。でもここでは博物館とかで見ること
のできる、この場所ならではの「乗り物」について全三回で挙げて
いきたいと思います。

そんな今回の企画、記念すべき第一回は

P5300242

スペースシャトル

です

・・・これで大体、この企画の方向性が分かっていただければと。
自分が永遠に乗る機会のない乗り物達の紹介です。

P5300234

スペースシャトル、昭和生まれの人間だったら(たぶん)誰もが
憧れた宇宙への乗り物、それが展示されているのはカリフォルニア
サイエンスセンターという博物館です。
場所はダウンタウンとかリトルトーキョーとかのわりと近く。隣接
の博物館として恐竜の化石とかが展示されている自然史博物館
なんかもあります。これはこれで充実していて好きな人にはオススメ。

P5300243  Pa070695

かつてスペースシャトルは最先端技術の結晶でした。使い捨てな
従来のロケットと違い繰り返し使用することのできるスペース
シャトルは未来の標準技術となるハズでした。



繰り返し使用可能と言っても燃料や補助ロケットは結局使い捨て
だったり、大気圏突入をしたシャトルは繰り返し使うにしても
全面的なオーバーホールが必要で結局高コストになったりと
いうことでロケットに取って代わることはできず、2011年を
もってその運用に幕を下ろすこととなってしまいました(それでも
当時、自分が思っていたよりはるかに何度も飛んではいます)。
それでも自分の世代にとって、憧れの対象であることに変わりは
ありません。

そして現物を見たときに思ったのは、「案外汚い」ということでした。
しかしこれは決してネガティブな意味ではなく、300度を超えると
いう大気圏突入をしていたら、当然こんな、煤けた感じになるなと。
むしろこの煤けた汚れが、ピカピカのスケールモデルを見ていただけ
では決してわからない、古強者の風格だなと、そんな風に感じました。

表面を保護するためのカーボンがものすごく細分化されていたのも、
きっと交換する面積を最小限に留めるための策だったんでしょう。
ラジコンとかやっていると分かりますがカーボンプレート、めちゃ
くちゃ高価ですし(当時フレームフルカーボンのイグレスっていう
タミヤのRCカーがモーター無しで5万円以上しました)。

とにかくなんかまとまりのない文章になっていますが、カリフォル
ニアサイエンスセンターに展示してあるスペースシャトル・エンデ
バー、これが自分の紹介したい乗り物の第一弾になります。

2019年1月13日 (日)

あちこち行った甲斐もあり

年末年始、日本に帰っていましたが帰国後、自分がメイン航空会社として使っているデルタ航空からこんなメールが届きました。

Photo

マイレージがゴールド会員に昇格しました。

ええ、ポイント見るとそろそろかなと思っていたので
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
という感じでした。会社の出張とか私用の帰国とか、なるべく優先的にデルタ航空使い続けていましたので(あ、ちなみにたまったマイルを私的旅行に使うとかはしていません。1回無料航空券買いましたが、あくまで業務用です)。
そして何はともあれ特典を確認。

・アメリカ国内線の預けて荷物が無料です(これはシルバー会員から)

・飛行機への優先搭乗の順位が上がります(荷物の置き場争いで圧倒的有利)
・アメリカ国内線で基本的にファーストクラス(椅子とお菓子がちょっとランクアップ)になります
・手荷物検査でファーストクラスやビジネスクラスと同じ、空いている列に並ぶことができます。

Photo_2

これがその入口です。スカイチームエリートプラスというのがこの場合該当。自分が行ったときはそこまで混んでいなかったので恩恵度は低かったですが、混んでいるときなんかはかなり助かりそうです。

・ラウンジを使えます

今回の目玉です

ラウンジ…ラウンジです。ええ、エコノミークラスの人間にとっては憧れの場、その起源は中世の中国、世界を転戦していたテムジン(後のチンギス=ハン)のため、彼に従っていた僧侶の羅運が自分の寺を休息所として改装した故事に遡る(by民明書房的なモノ)なアレです。

Photo_3

ラウンジに通じるエスカレーター。チケット的に大丈夫なハズなのですが、本当に大丈夫なのかなとちょっと不安にはなりました。幸いチケットにSKYと書いてあるのですんなり通してくれてラウンジの中に。

Photo_4  Photo_5

ラウンジ内部です。なかなかに清潔な空間。椅子もゆったりとしていて、どの席にもきちんとパソコンやケータイ用の電源がついていて、電源探しでウロウロする必要なんてありません。

Photo_6

軽食も食べ放題です。小腹が空いた時、コンビニでパンなんて買わないで良かった。
写真はカレー、フライドチキン、チャーハンやミニケーキなどですが、他にチーズやクラッカー、スープ、お粥なんかもありました。また酒類もビール(スーパードライとプレミアムモルツ)、ワイン、ウィスキーなどは飲み放題(アメリカについたらすぐ運転だし体調を心配して飲みませんでしたが。逆に日本に帰るときの機内なんかじゃ少し飲みます)。

Photo_7

そしてそのラウンジからの景色です。今回は時間の都合もあって30分くらいしかいられませんでしたが、むしろアメリカ国内で重宝しそうです。空港に行くとき、電車で行ける日本と違って時間を読めないクルマ移動、必然的にかなり余裕を見て家を出るので、そこから空港で二時間以上待たなきゃいけないときとかには助かるなと。

あと来週のメキシコ出張するに当たって急遽旅程を変更しなくちゃならなくなったとき、キャンセル料とかかなり優遇してもらいましたし。ゴールド会員すげえなと。

あ、別にデルタの回し者とかじゃありませんよ?

2018年11月 6日 (火)

カナディアンロッキーに行ってきました(番外編)

だいぶ間が空いてしまったカナダ旅行記。しかしこの文章を書く前に、ちょっとショックなことがありました。

昔行ったらしいです、カナディアンロッキー

親に行ってきたって話したら「あら、昔行ったじゃない」って…
いや、マジで全然記憶にないんですが。当時の自分は7歳か8歳、多少の記憶があってもおかしくはないんですが。

そこで考えました。なんで記憶に残っていないんだろうと。そして思ったんです。当時の自分の記憶に残せるだけの印象(インパクト)が無かったんじゃないかと。そう考えてみると、幼少時代の旅の行き先で記憶に残っているものは全体像ではなく、1つ1つのイベントが記憶として自分の脳みそに残されています。

・ラスベガスのホテルでイー・アル・カンフーやったなとか
・グランドキャニオンの近くのホテルにはアタリのセンチピードがあったなとか
・カナダで乗ったフェリーにはドラゴンズ・レアがあったなあとか
・学校の近所のアイスクリーム屋にギャラガやスパルタンXがあったとか

ゲームの記憶しか無いのか当時の自分

うん、ちょっと当時に戻ってあの頃の自分を説教したい。もう少し周囲を見渡せ、状況判断しろ、世の中の動きってモンを組み立てて理論的に考えろ、あとTRIX(アメリカ限定の人工着色料使いまくりなクソ甘いシリアル。具体的にはこんな感じ )ホントに美味いと思うのかなどなど…

とりあえず、気を取り直して本編に戻ります

2018年10月 1日 (月)

カナディアンロッキーに行ってきました(二日目その1)

トラブルに見舞われまくった初日を何とか最小限のダメージで切り抜けたカナダへの旅行。二日目からはツアーに参加しての旅行です。朝起きて、前の日の夜に見つけておいたスーパーで朝食(エナジーバー、途中でトイレに行きたくなったりしないように、あくまで軽めで)を買って、ホテルにツアーのクルマが到着するのを待ちました。

今回の旅でお世話になったのはバンフトプツアーズ という日本人向けの旅行専門の現地ツアー会社です。地球の歩き方に会社の情報が載っていて、「初めてのカナディアンロッキーで二日間の旅行なんだけどオススメは何ですか?」とメールを送って、という流れ。そこで紹介してもらったのが

ゆったり観光・レイクルイーズ、モレイン湖&ヨーホー国立公園
ペイトー湖と氷河を巡る・アイスフィールド・パークウエイ・コロンビア大氷原ツアー

こちらの2つのツアーでした。なのでまず初日の内容から紹介したいと思います。

Photo

バンフから目的地への高速道路の中で何箇所かあったメガネ橋。これ、人間用の道路ではありません。動物が高速道路に飛び出して、クルマにはねられることが無いようにと作られた動物専用道路です。これのおかげか、道路を走っていてリスやら鹿やらの轢死体を見ることは一度もありませんでした。ちなみにアメリカの田舎道だととてもよく見かけます
自動車保険は他所様のクルマとじゃなくて動物はねたときのダメージ対策なんじゃないかと思えるくらいに(て言うか、たぶん実際そうなんですが。幸い自分は現時点で動物ひいたことはありません。急ブレーキ踏んだことは何度かありますが

Photo_2

高速道路の車窓から。遠目に山の上にお城が建っているかのように見えるということでキャッスルマウンテンと呼ばれています(そのまんまな名前ですが)。


Photo_3  Photo_4  Photo_5

最初の目的地、シャトーレイクルイーズホテル。ツアーに参加された方の中にはここに泊まっている人もいました。湖の湖畔にあるホテルで、ここ自体がけっこう有名な観光スポットみたいです。初日の湖めぐり、ここが最初の目的地でした。

Photo_6  Photo_7  Photo_9

初日は3つほどの湖を回りましたが、その中で個人的にベストだったのが2つめに訪れたモレーンレイクという湖でした。20分ほど山登りをして、岩場の上からこの景色を観たときに思わず声が出たくらいに。エメラルドのような色をした湖、連なる山脈、そして反対側に目を向ければどこまでも続く針葉樹林。なんて言うか、これぞカナダ!って感じです(何でか分かりませんが個人的にカナダは針葉樹林のイメージがあります)

Photo_8

そしてそんな景色を眺めながらお昼ご飯。ツアー会社が用意してくれたオニギリを、絶景な景色を眺めながら。具はツナマヨとオカカ。ちょっと風が強くて飛ばされないように気をつける必要はありましたが、食べ過ぎにならないボリュームと言い待ち時間不要なことと言い、何より自然の空気の中での食事だったのでとても良い昼食でした。
そういやペルーのマチュピチュ行ったときも、山頂でオニギリがあればと思ったりもしましたが、ある意味とあのときの願いが叶ったと言えるかも?

初日その1はこのへんまで。その2は他の写真とか、バンフの街の様子なんかを書きたいと思います。

2018年9月23日 (日)

カナディアンロッキーに行ってきました(初日その3)

なんとかカナダに到着し、なんとか入国審査を抜け、まずはATMで当座のカナダドルをおろして、バンフ行きのバスを探す自分、途中で横を通りかかった日本人観光客とそのガイドがこれから同じバンフに行くらしいので、自分も同乗していいかと声をかけたくもなりましたが、いきなりそんなこと言われても困るだろうし、何より怪しまれるだろうと踏み止まり、そしてバス乗り場は無いかと空港の建物の外に出たとき、インド系と思われる男に話しかけられました。

「どこに行くんだ?」
「バンフ、そこに行くバスを探してる」
もう無いぞ

「俺のタクシーなら240カナダドルで連れてってやる(眼の前にあった、正規料金の看板を指さしながら)」
「(240…バスなら70くらいなんだけどな)あ、でもなんか目の前をマイクロバスみたいなのが通ったんだけど、あれは?」
「いや、とにかくもう無い。バスに乗るならダウンタウンまで行く必要があるが、そこに着いたらもう間に合わないだろう」
「(…なんかイヤな予感がする…)とにかくちょっと考えさせて」

そう言って再び建物の中に戻り、さらに数十メートル歩いたのですが、ええ、ありました

バンフ行き 10:30

電光掲示板にそう表示されたバスの運営会社が

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!
ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉー

そのときの自分の心境、マジでこんな感じです。て言うかあのタクシー野郎、デタラメこきやがって。100歩譲って「バスのことは分からない」って言うのならまだしも「もう無い」って言い切ってましたよね?まあ、さすがにわざわざ運転手を探して文句を言う気力はありませんでしたけど。と言うワケで自分が知る限り、カルガリーからバンフの最終バスは夜の10時半でした(これの次はさすがに翌日になるらしい)

とにかく70ドルほど、例のボッタクリ運転手の3分の1以下の料金を支払い、バスに搭乗。うとうとしながら約二時間でバスはホテルの前につきました。

Photo  Photo_2

ホテルの名前はアーウィンズマウンテンイン。高原近い観光地にあるらしく、外観もロビーも何だかとても小洒落ております。

Photo_3  Photo_4

部屋もとってもキレイでした。なんだかちょっと、気後れするくらいに

Photo_5

深夜の0時を過ぎていましたがお腹は空いていたので買い出しに出発。やはり治安は良さそうでした(けっこう歩いている観光客もいました)。
さすがにレストランは閉まっていましたがピザ屋と、隣の酒屋は開いていたのでビールとギロというギリシャ風のドネルケバブみたいな料理を購入。部屋で食べました。

とまあ、かなりトラブルだらけではありましたが、当日きちんと到着してタクシーではなくバスで移動ができて、こうしてブログのネタもできた。そう考えるとまあ

完全勝利

と言っていい初日だったのかなあという感じです

翌日からは普通の観光です

筆者注:ここで書かれている金額はカナダドルです。この金額に0.7くらい掛け算すると米ドルでの金額になります

カナディアンロッキーに行ってきました(初日その2)

アメリカに来て初めてのカナダ旅行、曲りなりにも外国なのに完全にナメていた自分、結果当初の飛行機に乗り遅れはしたのですが、それでも同じ日に到着することはできました。時計の時間は九時半前、焦りはするけどまだバスが10時だとしても十分間に合う時間です。幸い入国審査も空いていて、これなら十分大丈夫だなと思っていたのですが

入管でめっちゃ怪しまれました

理由は簡単、当初の飛行機に乗れず、改めて別のフライトを手配してもらった関係で自分は本日、ほんの半日前にチケットを取ったことになります。そんな急に取ったチケットで野郎が一人でしかも深夜に近い時間に到着。

きっと高飛びしたなにかの犯人だと思われたのでしょう

「何しに来た?」

「観光です」
「ずいぶん急にチケットを取ったようだが?」
「etaのこと知らなくて、当初のフライトに間に合わなくって」
「どこに行くんだ?」
「カナディアンロッキーです」
「これからか?」
「はい」
「どんだけかかるか分かってるのか?」
「二時間くらいですよね?まだバスがギリギリあるみたいですけど(意訳:だから早く通してくれ)」
「ホテルや帰りのチケットは?」
「取ってますよ(印刷したのをカバンに入れててホントに良かった…)」

とか、そんな自分的には大変に不毛なやり取りをして、ようやくスタンプを押してくれたと思ったのですが、係員は目の前の出口ではなく、なんか左の方を指さします。

「あっちで追加検査ね」
「(;ω;)」

それで左に行き、別の空間(個室じゃなくてオープンスペース、けっこう広い。同じような再検査の人もけっこういました)でもう一度、さっきと同じようなやり取りをして、ツアーについては現地のツアーに申し込んであることを説明して、荷物を全部チェックされて、ようやく通り抜けることができました。この時点ですでに時間は10時をちょっと回っています。それでもまだ諦めずにバスが無いか探してみよう。望みが希と書いて希望だけれど、そんな少しの望みは捨てずに行こう、そう思いました。

…初日その3に続きます

カナディアンロッキーに行ってきました(初日その1)

前回のアラスカ・バローから1ヶ月後、今度はレイバーデイという9月頭の祝日に1日追加して、カナディアンロッキーを観光してきました。なんだかこう書くと、旅ばっかりしているように思われるかもしれませんが

アメリカに来て4年以上が経過しますが、泊まりでカナダに行くのは実は初めてだったりします(ナイアガラの滝を見に数時間だけ陸路で入国したのが唯一でした)。
とは言っても所詮は(?)カナダ、同じ地続きのメキシコと違って英語も通じるし、治安についても悪い話は聞きません。一応パスポートは必要だし通貨も違うけれど、フライトも片道三時間ちょいとそこらのアメリカの地方都市よりよっぽど近いし、実質アメリカ国内旅行の延長みたいなものだろう、そんな心持ちでいました。

しかし違いました

カナダは外国です

もう一度言います。

カナダに行くのは海外旅行です

いや、そりゃそうだろうというツッコミはあるかと思いますが。とにかく初日が一番大変でした。

朝早起きして空港について、チケットを発券しようとしたのですが、何故かうまくいきません。そしてそこで自分は知ったのです。空路や海路でカナダに入国するにはeta認証というものが必要だということを(2015年くらいからの制度だそうです)。

ちなみにこの手続の必要性について、「地球の歩き方」ではごくごく軽くしか触れていませんでした。日本から行こうという人は十分ご注意ください。

そしてこの手続に手間取った結果、予定の午前10時前の飛行機に乗れませんでした…一応代わりのフライトは手配してくれましたが、その時間は8時間以上も後…仕方ないので一度空港を出て時間を潰し、改めて午後五時半過ぎの飛行機に乗りました(ホテルには予定より遅れることは電話しました)

カナディアンロッキーへの旅ですが、まず飛行機でカルガリーに行き、そこからバスなどに乗り換えて2時間弱、そこにあるバンフという町が拠点となります。カルガリーに到着するのは9時半前で最終のバスはたしか10時、やれやれこのペースだったら最終バスには十分間に合う、そう思い飛行機に乗りました。

しかし、最初の山場はここでは終わりませんでした…

初日その2に続きます

2018年8月20日 (月)

だから何だと言わないで(汗)

ちょっと前のお話です。

アメリカに転勤になって4年ちょい、そこそこあちこちに出張をする機会はあります。行き先は主にアメリカとメキシコ、どちらも目的地は大都市よりも地方都市です。
そして言葉の問題などもあるのでメキシコは現地の代理店の人と一緒に行動するのが基本なのですが、アメリカ国内だと自分でレンタカーを借りて一人旅というのがメインになります。

そしてそんな中で旅先、訪れたのがこちらのお店でした。

Img_1691  Img_1692

ケンタ(ッキー州)のケンタ(ッキーフライドチキン)です。

…いや、だからどうしたと言われればそれまでなんですが
別に一号店とかでもないですし(訪問したお客様から1時間半くらい離れたところに一号店があったそうなのですが、さすがに遠い)。

とりあえず店内を紹介します。こう言っちゃなんですが、たぶんこのお店が日本語のブログで紹介されるのはこれが最初で最後なんじゃないかなあと

Img_1695  Img_1694_3

店内は清潔でした。お昼時からは少し外れていたので自分以外のお客さんは一人か二人いた程度。おかげで写真は撮りやすかったです。

Img_1703  Img_1702

店内にはこんなポスターも貼られていました。一応なんのかんので、本場というのを意識したレイアウトにはなっていたかと思います。

Img_1698

食べたのはこちら。2ピースチキンにビスケット、マッシュポテトとアイスティー。うん、普通にジューシーで美味しかったです。ちなみに鶏肉は北隣にあるオハイオの農家から仕入れたと書かれていました。

Img_1700

州の形とフライドチキンの形が似ているのは偶然だろうか?いや違う!とか書かれているポスターです。うん

偶然って言うよりこじつけだよね

いや笑えたからいいんですけど。

以上、ケンタッキー州からお届けしました。ちなみにケンタッキー州、マンモスケイブという大きな洞窟の国立公園があったり、フリーウェイをドライブするとほんとにのどかな景色が広がっていたりするので、チャンスがあれば観光に行けたらなあとは思っております。
ノックスビル空港(テネシー州だけれどほぼ州境)だったら直行便も出ていますし。

«天蓋を目指して(その8)